プロフィール

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:トレンド
週刊ダイヤモンド

2009/1/31号
「新興市場の断末魔」

ついカッとなって買った、
でも反省はしていない。




某所のカキコで注目しておりましたが、
一気に読みましたね、ハイ。

ということで、これをネタにエントリーをいくつか。
とりあえずは、斜め読みといいますか、
いろんな表についての個人的な感想を。
(ページ数しか載せないので、雑誌を買うんだ!(笑))


P33 △
ニコ動のアレのほうが面白かった。

P35 ○
これはよい。やっすいの~

P38・39 △
内容としてはいいんですよね。
問題はタイトルのところの記載ですわ。
>>
企業継続の前提に疑義あり! 監査法人がそう指摘した上場会社の・・・
>>
監査法人の指摘ではないです、わかってません。
疑義があると記載するのは会社なんであって、
監査法人が書いているわけではないです。
監査法人は書いてある内容が嘘ではないと保証するだけです。
監査人が、「書かないとだめよ」といって書かせることが大半でしょうが、
監査論的にはこういう建て付けですので。

P41~P44 ○
ベスト50まででいいんでないかい?

P45 ◎
見落としがちですがこれ大事。
この上場廃止基準にひっかかってる会社、
結構ありますよ、実際のところは。
時価総額とかばかり目がいきますけどね。

P49~P52 △
同じくベスト50まででいいんじゃないかい?
さっきのといい、ページ数稼ぎすぎ。

P53 ○
これはこれでアリかと。

P54 ×
これ最悪。この表には意味がない。
作者は大いに反省すべきである。
脚注がなにやらついていますが、
まったくダメ。
分子の「監査報酬対売上高比率」
というものがそもそも意味がない。
対応させている分母が新興市場の監査対象企業数とか、
おかしいということに気づくべき。
上位にそういうところが出てきたから使った結果だろうが、
このランキングに「あらた」「京都」「東陽」「仰星」「優成」
がでてきている時点でおかしいと気づけ。

以下、補足説明。

・監査報酬対売上高比率
株券印刷業にとって売上高は意味がないわけで、
高くなるのが当たり前でしょうが。
この比率の上位についてのコメントは後ほど。

・新興市場の監査対象企業数
あらたがどこを監査しているか知ってるでしょうwww
せめて分母にもってくるべきは、上場監査クライアント数です。
そうすれば、新興市場に依存している監査法人がわかります。

よって、この表はイケテナイ。

P55 ×
これもだめ。
「監査報酬対売上高比率」には意味がないから。
つか、記事の中で、
>>
売上高が特に小さい企業の順位を押し上げる傾向があることには注意されたい。
>>
と書いているくせに、
こんなランキングが大きいのはおかしい。
P54とP55の表は無視したほうがいいですよ。
新興企業の規模は小さい、という仮定を置いた上で、
新興市場担当クライアントの監査報酬合計(及び1社平均)
の監査法人別ランキングをしたほうが有意義と思われます。

P56 ○
これはよい。
まさに豪華メンツ!
いくつか消えちゃうのがさみしいところ。
GCの有無とか、上場廃止懸念とか、
載せればいいのに。
2009/2/1追記
(GCの有無はついてましたね、スンマセン)

P57 ○
これって結構意味がありそうな。
将来予測に役立ちますよね。(どういう意味だw)

P59 △
これを今更?
旬が過ぎてますよ。


ということで表に対する感想終わり。
次は内容について気になった箇所をつらつらと。
今日は適時開示エントリーしないかもしれないです。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。