プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:不適切な会計処理関連
ビックカメラ<3048>

2009/1/16
「過年度決算の訂正に伴う影響額について」
「当社株式の監理銘柄(審査中)指定に関するお知らせ」

>>
当社と豊島企画との合算でのリスク負担割合は5%を超過しておりましたことから、本件流動化については売却処理でなく金融取引処理で処理することが適切と判断して、平成14年8月に遡り不動産を資産計上(オンバランス処理)することとしました。
>>
>>
株式会社豊島企画は連結財務諸表作成初年度において重要性があるため平成16年8月期に遡って、株式会社ラネットおよび株式会社ボーダレスは当該子会社の重要性が高まったことから平成18年8月期に遡って連結子会社とすることにいたしました。
>>





「特別目的会社を活用した不動産流動化に係る譲渡人の会計処理に関する実務指針(会計制度委員会報告第15号)」

よみがえるトラウマ(苦笑)


平成15年前後はこれがテーマになってましたね、懐かしい。。。
どこぞの銀行なんぞが、よくもってきてましたよ、うん。

「担当の会計士とご相談ください」
とか提案書には記載している割には、
「あかん」
いうたら、むにゃむにゃ言ってくるアレですな。
一応、提案してくるからには、実務指針はクリアしてもってきているわけですが、
クリアしていればいいってもんでもないだろうに。

!!※!??◇#!!

謎の一行に全ての思いを込めたので、
ヤバイことは書きませんよ(笑)


それはさておきまして、
普通に考えるとこのような案件については、
監査のほうでも相当詰めていると思うんですがね。
監査人も大手なわけですから、あれれ?な印象です。


乗り込んできたのはSESCなわけですが、
ううむ。。。

豊島企画が緊密な者として認定されたわけですか。
とても判断が難しいところなんですけどね、これは。。。

ん~~~

こういったところは大手監査法人は見落とさないのが通常。
そもそも利益インパクト大きいテーマですから、
リスクアプローチ的に逃すわけがない。
ましてや、トピックの会計処理ですもの、
検討も相当加わっていると考えるのが自然。

であれば、会長名義の株を担保に資金借り入れを行っていたとか、
そういう事実が知らされていなかったということですかね?
経営者確認書での確認漏れ???

それにしても、このスキーム持ち込んだ金融機関さんは、
このあたりぐらい詰めていると思うのですが、
今回の件を見てしまうと、ちょっちまずいことになってません?
正直なところ、ビックカメラなんかよりも、そっちがキニナル。


SESCの調査力、恐れ入りました。。。
公募増資も絡んでいるから、二度おいしいといったところですかね。

レベル的にはセーフになった日興コーディアルよりずっと軽いレベル。
故意でなく過失であれば、上場廃止まではいかないと思うんですけどね。
課徴金と改善報告書で手打ちじゃないかなと予想。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。