プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:内部統制ネタ
ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>

2008/11/21
「東京証券取引所への「改善報告書」の提出について」

プラコー<6347>

2008/11/21
「第三者調査委員会の調査報告書の受領について」





スルーしていたので備忘録として取り上げておきました。

GSユアサについては、架空売上というやつですが、
最近はこういう開示が増えてきております。
「ウチは大丈夫」ということは基本的にはない、そう思っていいのではないかと。
これだけ多発しているということは、普通のことなのかなと思ってしまう。
(上場会社でコレなら、非上場なら。。。)

後者は監査人も登場しての開示ですね。
コレ自体は別にどうということもないです。


さてさて、そろそろ不適切な会計処理と内部統制報告書の関係について、
真剣に考えておく必要があるのかなと思います。
「評価範囲外であれば問題ない」
という理屈があることにはありますが、世間様は納得しますまい。

そういう意味では、後々の保険とするためにも、
内部統制報告書に評価範囲はある程度明記したほうがいいのではないかと。
書くのがメンドクサイというのはわかりますが、
その後のリスクヘッジのためには、旧アプレックみたいな書き方は逆にリスク??
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。