プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キニナル
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン<4296>

2008/11/12
「特別損失の計上及び第10期業績予想(第2四半期・通期)の修正に関するお知らせ」
「平成21年3月期 第2四半期決算短信」

日付がいきなりウソという。

どちらも記載は11日付けになっていますが、
TDNET上は2008年11月12日00:35の開示です。
昨日の00:35開示の桑山ですら、
2008年11月11日付けとしてちゃんと時間に合わせているのに、
この会社のIR姿勢が如実に表れていますな。

決算発表予定が11日だったわけでして、
それにあわせて日付を変えているわけです。
30分ぐらい大目に見ろよというところですかね。

で、とりあえず業績修正からいきましょうか。。。

実にエグイ。

売上がばっこり落ちていることに加えて、
特別損失がさらに追い討ちをかけております。
一株あたり純資産を半期で50,000円飛ばすとか、
これはこれは。。。
そして、のれんとか生き残っているわけでしょ?
純資産の状況とかどうですか???

内容的にとりあえず目を引いたのは。。。
>>
前期に売上計上したものの、当期において返品またはこれに類する事象が発生したものを前期損益修正損として916百万円
>>
!? !? !?
これって、ああいう手口でよく見かけない???

ちなみに、もう1点よくわからないところとしまして、
・売上高 △41億
・経常利益 △19億
・当期純利益 △69億
特別損益あたりで50億ぐらいぶっこまれているわけですが、
リリース記載は37億円分だけなんですよね。
残りの13億はなんだったんだろ???
なんとなく、第1四半期の特別損失分と見受けますが、
それにしては説明不足の感。


引き続いて決算短信に参りますが、
作ったことがある人なら速攻きづくでしょうが、
開示順序おかしくね?
GC注記とかセグメントがF/Sより前に来ている。。。
宝でもプロネクサスでもないですねこれは。どこだろ。
まぁ、第1四半期も同じですけどね。

とりあえずF/Sですが、まず最初に、
「数字がないところには「-」いれようよ」と。

>>
株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記
該当事項はありません。
>>
マジデ?
株主資本合計が半分ぐらいになってますが。。。

その他中身で気づく点としまして、
・営業債権はまだあるなぁ
・棚卸資産は比較的キレイに
・無形固定資産!!!
60億円ぶっとばす爆弾としては、
営業債権と無形固定資産の行方ですかね。

このままで通期は予定通りいくのだろうか?





日付問題を取引所がスルーしたら笑います。
スポンサーサイト
Comment

やまさん

こんばんはです。
四半期報告書を見ると、継続企業のところにそれらしき表現がありますね。ですからまだ残っているという理解でいいのではないでしょうか。
あと、四半期では財務制限条項の注記を書かないケースが多いといわれてますので、注記がないからコベナンツがないと思わないほうが安全です。(確か、コベナンツは注記しなさい項目になっていないはず。)

おつかれさまです。

たしかゼンテックの借入金には財務制限条項がついていて純資産が73億円を下回ると発動されるように記憶しているんですが今回の決算では一切触れられていないですね。
該当する負債は返済したのでしょうか?

矢さん

マイドです。お元気ですか?
とりあえず4296については決算短信でしかないので、監査人はみちゃいないという前提で。
わざわざやらんでいいことやるほど、あそこは人手があるわけでもないでしょうから。
「前期末で見ていない」「今回の深夜開示」===監査人見てない
は今回も健在という推測ですが。

それはそれとしまして「のれん」ですけれども、個人的直感としまして落とさない(落とせない?)と思います。
のれんの減損なんかは「1年間」ぐらいは評価猶予があるものでして。。。
逆に言いますと、前期末に計上して半年で落とすようであれば「そもそも計上しちゃだめだったんじゃ?」になります。
過年度修正の疑義アリになりますので、落とさない気がします。
該当子会社のBDMが消えるような状況になれば、話は別ですけどね~~~

お疲れ様です~
さて、ゼンテックはもういいとして、監査法人の働きについてはいかがなもんでございましょう。

のれんが生き残ってる件とか・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。