プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キニナル
プロデュース<6263>

2008/9/19
「証券取引等監視委員会による調査に関するお知らせ」

2008/9/24
「会計監査人からの監査契約の解除通知書受領に関するお知らせ」

2008/9/26
「当社の民事再生手続開始の申立に関するお知らせ」

2008/9/30
「有価証券報告書の提出遅延に関するお知らせ」

業界内では既に話題になりつつあるプロデュースです。
ここらで一回総括しておきたいなということで。

SESCが凸
 ↓
監査人サヨウナラ
 ↓
民再申立

大きな流れとしてはこういう感じですよね。
さて、たまには気合をいれて分析してみましょうか。
ちなみに決算期は6月ですので。

第17期期末 平成20年6月
 提出遅延
第17期半期 平成19年12月
 隆盛監査法人
  石井先生
  岡田先生
 追記情報2つ
  重要な後発事象
第16期期末 平成19年6月
 隆盛監査法人
  石井先生
  八木先生
 追記情報1つ
  重要な後発事象
第16期半期 平成18年12月
 東陽監査法人
  野口先生
  久保村先生
 追記情報1つ
  重要な後発事象
第15期期末 平成18年6月
 東都監査法人
  石井先生
  久保村先生
 追記情報1つ
  重要な後発事象
第15期半期 平成17年12月
 東都監査法人
  石井先生
  久保村先生
 追記情報1つ
  重要な後発事象
2005年12月14日 上場

監査人の変遷としては、
 東都 → 東陽 → 隆盛
担当社員の先生は最初記載するつもりなかったのですが、
ダブり具合を眺めていきましたら、つい書きたくなりました。
(東陽については東都との合併によるもの)

決算書を見ての直感ベースとしては、
利益とキャッシュの逆相関関係が見事すぎ。
後は上場後の売上の伸びが凄まじい。
(主に売掛金的意味で)

・異常な利益キャッシュバランス
・売上の異常な伸び
あたりは当然にチェックしておきたいところではありますが。

BSをみるとキャッシュは残っているんですよね。
気になるのは、
・売掛金
・たな卸資産
・建物
あたりで、メインはたな卸資産ということになりますか。

売上いじると基本的には売掛金が増えていく、
原価いじるとたな卸資産が増えていく、
基本形としてはこういうことではあります。
(たな卸資産を増やして、固定資産飛ばすとか、
 外注費を経由しての売上化けとかありますが)

さてさて、SESCは一体どのあたりに目をつけたのでしょうか?
民事再生も始まってしまいましたから、
監督委員の補助側としての会計士もつきますし、
いろいろ動きはありそうですね。
一歩間違えるとこのケースは民事再生法アウトがありえますので。

そういえば大株主の稲畑産業が少し気になりました。
あちらの不適切な会計処理の余波???
SESCが動いたトリガーが気になるんですが。。。
読売新聞の記事では循環取引が実行されており、
それに会計士が指南ということになっておりますが。
あんまり私が一般紙を信用していない関係で、
当局発表待ちという事にしておきます。




で、本題はウチのブログの検索ワードなんですね。
隆盛に関するワードが10月頭から多すぎます。
「隆盛 (+α)」での検索なわけですが、
そうなると他のクライアントどうなるのかしら???
こっちのほうが相当キニナル。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。