プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キニナル
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン<4296>

2008/7/1
「商標権(取得)に関するお知らせ」

バイ・デザイン・マーケティングの設立は、
2008/3/12ということで。
「byd:sign」ブランドの取得は、
2008/1/31ということで。
半年近く前の件を今更にIRしているわけです。

そしてそのバイ・デザインからは、
2008/7/1
「他社発表資料での当社に関する記載について」

>>
6月25日に発表されたヘラクレス上場企業の有価証券報告書に、
バイ・デザイン株式会社の事業譲渡についての記載がございましたが、
当該事項につきまして、事実ではございません。
>>

矢さん、情報提供ありがとうです。

事業譲渡は否定していますが、
商標権の譲渡は否定していないという理解でOKですかね?

てっきり「流動資産」+「商標権」で営業譲渡したと理解してましたが、
実際のところは「流動資産」と「商標権」は別個の取引ということですかね。

それはともかく、ゼンテックの有価証券報告書がピンチです。
1つ目は71/120の箇所にある「2.重要な非資金取引の内容」ですね。

>>
(1)売掛金、短期貸付金及び未収入金の代物弁済による事業譲受により増加した資産の主な内訳
>>

2つ目は79/120の箇所にある「企業結合等関係」です。


これらの箇所が、相手方から事実ではないという指摘を受けたわけですか。

で、どないなりますのん、といわれますと、
キャッシュ・フロー計算書や注記がどうしたというよりも、
直感的に「のれん」が危ない印象。

のれんが発生する事象というのはあまりないと理解してますので、
その前提が崩れている可能性がある。

「流動資産」「商標権」をセットにして事業と定義づけ、
それに事業譲渡の契約書を用意して、
バリュエーションの証明書も揃えておけば、
対価の方が大きいような取引事象であっても、
経済的実態が取引ではなく、企業結合の類とされて、
「損失」ではなく「のれん」と処理できる余地が生まれるわけで。

しかしながら、今回の指摘でこの前提部分が崩れるなら、
経済的実態として単なる取引になる可能性があるわけで、
そうなると「のれん」が。。。
ここのロジックの再構築は要注目です。


正直なところ、UBSがいるわけですし、
まだ変な筋が株主側にもでてきてないですし、
時価総額を担保に株券印刷がバリバリできると踏んで、
紙くずリスクは低いと判断していたわけですが、
今回のコレの発生によって状況一変です。

今のゼンテックはここ1年で一番ヤバイ

虚偽記載による上場廃止リスクもありますが、
資金繰りがしんどくなっての紙くずリスクも捨てられない、
これらが解消するまではアンタッチャブル確定。

ごたごたするようならば、
水面下で動いていたはずのリファイナンスも止まるでしょうし、
しばらくの間は資金繰りリスクが半端なく高いという認識です。
さらに社長が株を売って貸し付けるというスキームも、
S安ではさすがに効果がないわけですから、大変な状況。




これはSESCが動く気がする。

契約書類の真贋が問われる事態になるようなら、
監査人の出番ではなくなってますから、
強制捜査権を持つ機関のご登場しかないでしょう。。。
スポンサーサイト
Comment

>>矢さん
のれんについてはバリュエーションが行われているはずですので、その結果を受けての12億円でしかないと思います。
 事業譲受である → 評価証明がある → のれんが発生できる
というロジックでしかないので、前提条件が崩れるといろいろヤバイのです。
SESCが登場してくれたおかげで、動きは早くなったんじゃないかなと思いますよ。
築地ですか。。。 今度いってきてみますかね。

>>ろじゃあ先生
マイドです。
契約書はあるけれども、相手方が事実ではないと主張している場合の法的事実関係ですよね。
その結果、経済的実態に基づいて行った会計処理のほうもあやうくなっているという話です。
かなりキニナル部分です。

>>大雀さん
ご無沙汰です。ワラントを相当程度引き取ってもらってるんですね。
残るは自分のところのローン分ぐらいですか?
ワラント関連のリリースがないのは不自然ですね。。。
月もかわりましたから、今週末までには出してくれると信じて。
「素直に資金調達がしんどくなっている」でいいのではないかと。
今の状態は、このままヤバイ状態になっていくか、特殊な資金調達を開始するかの二者択一ですね。

うーん
ゼンテック視点だと『在庫』と『商標権』に加えて『事業のノウハウ』を教えてもらったので12億とかそういう設定になるんでしょうか。
ソレはアリなのかって言うか、アリかどうかツッコミ入れる役がSECだけってのはどうなんだろう。
(ペイントハウスの時は取引所だったけど)

関係ないし言われて気がついたんですが、バイデザインは築地BPSなんですね。人的に。

>UBSがいるわけですし

UBSが6月26日に提出した大量保有報告書には、23日に会社側へ新株予約権付き証券15,851株分を譲渡(売却?)したことが記載されています。この結果、UBSの投資分は10,096株(うち予約権9,246株分)・6.73%に激減しました。
私が調べた範囲では、会社側から新株予約権付き証券の取得に関するリリースは皆無。カネ蔓が細くなっている、という現状確認と解釈して良いのですかねぇ。それとも、取得した予約権をどこかに転売するつもり?

ひえ~っ!

当方のエントリーへのコメントありがとさんです。
ひえ~っ!なんとなく、事実関係のところがいまいちよくわからず気になってたのでああいうエントリーにしてたんですけど、これ、法的事実関係と会計処理の問題という範疇で考えればいいのかどうか・・・。
ちゅうか、・・・どうなるの?(@@;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。