プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
武蔵野銀行<8336>
「株式会社スルガコーポレーションに対する債権の取立遅延のおそれに関するお知らせ」
スルガコーポについては、
どういう再生スキームになるか注目してます。
会社債権者と株主のどちらに有利になるのやら。


SEED<1739>
「公認会計士等の異動に関するお知らせ」
 トーマツ → 清友
ほんとにギリだなぁ。。。
会社法上の大会社じゃないからできるワザですか。
会計監査人が必要だったら、こんな遅くは問題ありです。


LTTバイオファーマ<4566>
「外部調査実施のお知らせ」
外部調査なるものが増えてきましたが、
これもある種の免責的効力を有してきたような。
DDを行うことで、その後の言い訳を用意するかのように。
なんか禊っていう感じがします。


グッドウィル・グループ<4723>
「当社子会社株式会社グッドウィルの事業の廃止に関するお知らせ」
これも既定路線なんですかね?
さっさとUTに事業を売ってしまえばよかったのに、
なんか廃止になって価値が激減。
GWG側はこれでいいのかしら?


YOZAN<6830>
「(補足説明)「WiMAX事業の廃止に関するお知らせ」の補足説明について」
ぶっちゃけもうどうでもいいですよ。
それどころではないでしょ、おたくは。


ネクストジェン<3842>
「訴訟の提起に関するお知らせ」
>>
当社がMCS元取締役と共謀して、MCSテレコミュニケーション事業部の奪取を目的とした従業員の引き抜きを計画的に行い、同事業部の存続を不能とさせ、倒産の危機に陥れたと主張
>>
こわいこわい。


ディーワンダーランド<9611>
「当社に対する仮差押命令の申立及び決定に関するお知らせ」
この会社もそういう会社だから仕方ないですねぇ。


ランドコム<8948>
「一部報道について(六本木7 丁目物件に関する報道について)」
バーゲンセール状態だとしたら、
買ったら得する物件なんだろうか?
資金繰りが厳しいときは、
少々のムリが通るといいますが。


NowLoading<2447>
「偽造株券に関するお知らせ」
電子化されたらなくなる事件であります。
とはいえ、株券偽造が行われる会社というのは、
ある一定の特徴があるとされてますよね。
・つけこまれるスキがある
・単純にミス
結構、傷を持ってることが多いんですけども。
スポンサーサイト
Comment

>>やまさん

マイドです。
スルガについては見通し同じです。
最悪なところ営業譲渡されて、からっぽになってもおかしくないですよね。
債務者も株主もいい思いはしないシナリオのような印象です。
そもそも、こういう会社ですから、監督委員側で何か見つけたら、民事再生アウトになるかもしれませんし。

ランドコムについては手出し無用でしょうね。
というか危険度相当高いと思います。
空売りできるなら売りたいぐらいですし。

ども、ども。

まずはスルガコーポですが、債権者集会で全額弁済が提案できるかどうかが焦点でしょうね。
BSを見ると不動産事業支出金が多いですから、ここらへんの開発途中の不動産をどう処理するかによって返済可能原資が大きく左右されると考えます。
民事再生の弁護士さんとして西村あさひ法律事務所が関与していますから、債権者にとってはレイコフよりも見通しは明るいような気がします。
株式のほうはカネボウのように優良資産だけを事業分割して継続という形になったとしても見通しは暗いですね。

次にランドコムですが色々とネット上の掲示板でも悪評が絶えません。
筑波に建設したマンションは建設業者のアゼルに差押えされて、ランドコムは契約者に物件を引き渡せなかったそうです。
その後、アゼルは1割程度値下げして再販売中だとか。
六本木7丁目の物件ですが、これは既に売上計上済みで会社側が言っている港区プロジェクトというのは、六本木6丁目プロジェクトのことだと推測しています。
これ昨年の3月に契約して引渡しも完了しているらしいのですが、完工保証付ということで未だに売上計上が出来ていません。
(おそらく何らかのトラブルが発生しているのでしょう)
ここらへんの開示に少しだけ記載があります。
http://www.landcom.co.jp/data/upload/120-070705yosousyuusei.pdf



不動産は建築基準法改正と建設コストの上昇で売れ筋の物件が新規販売できず、売れない不良資産だけが積み上がるという悪循環になっていますね。
しばらく手出し無用でしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。