プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キニナル
日本ハウズイング<4781>

2008/6/16
「原弘産のカテリーナ・イノウエに対する回答書に対する当社の見解及び反論について」

TDINETにはあがってませんが、
なんかWebページにはこんなのが。

原さんところからカテリーナ向けの回答に対して、
横槍いれてるという図式。
こういうときだけ反応するのが笑えます。


基本的に日本においてはネガキャンはマイナス、
そういう認識でいるんですが、IRにおいては例外なんですかね?

>>
(2) 原弘産のこれまでの事業の取組み姿勢に対する疑問
>>

こういうのウザイから。


>>
しかしこの「中期経営計画」の発表後の取り扱いを見る限り、原弘産が適時かつ適切な情報開示を行おうとしているとはとても考えられません。
>>

どの口がそれをいうか。
失笑を禁じえない。


>>
③ 原弘産の開示姿勢と株価について
>>

自分のところの株価を見てから書くべきですね、
他の批判する前に、自分のところのIPO組に説明せよ。
IPOするときに、どんなこと言ってたんですかねぇ?

人のところの株価チャートを記載するなら、
自分のところの株価チャートも載せましょうね!


>>
当社がこれまでに「中古マンションビジネス」(原弘産のいう「ストックビジネス」)を原弘産の主張するような形で大々的に実行していないのは、当社がこうしたビジネスを検討してこなかったからではなく、これまでの経験及びお客様との信頼関係に鑑み、実行すべきではないと考えているからです。
>>

原さんのところはやりましょうと言ってる、
自分のところではできないと言っている。
原さんのところが虚言癖があると見るか、
自分のところの経営能力の欠如と見るか、
それは株主が判断するところですな。
ただ企業価値を増やすことができるなら、
そして原さんのところになることでそれが可能なら、
反対する理由はないわけです。
「自分たちができないんだから、他人も出来ない」
という論理は成立しないと認識してますが。


>>
今回の原弘産の買付提案が実現されますと、当社は原弘産の連結子会社となりますが、その場合は親会社となる原弘産の業績変動の激しさ、実効性に疑問のある事業計画が、当社の株主の皆様のみならず、お客様、取引先等当社の多くのステークホルダーに多大なる迷惑をおかけする結果となるのではないかと懸念しております。
>>

意味がわからん。
そんなネガキャンやってる暇があるなら、
自分たちの事業計画を魅力的にブラッシュアップするべき。

こんなことに買収防衛策のコンサルフィー払ってんの?

こうして株主の配当原資が消えていく。



>>
原弘産による「中期経営計画」の帰趨をみると、原弘産が、当社に関して、実現可能でかつ「具体的な経営計画」を建てることができるのか、疑問を感じずにいられません。
>>
>>
当社取締役会としては、当社が原弘産の子会社となった場合、当社の従業員の生活の基盤である当社の企業価値が損なわれることを大変懸念しております。
>>

基本的に原さんのところはウサンクサイと見てます。
が、今回はなぜかハウズイング側に噛み付いてるなぁと。
その理由がなんとなくわかってきたんですよね。

・他人の事業計画を批判している
・従業員のためにならないと批判している

が、現経営陣がこれまでどれだけうまくやってきたんだと、
自分たちの過去の無謬性を前提としているところに、
めっちゃ胡散臭さを感じてしまっているところだと思います。

これまで株主や従業員を重視してきたのか? という会社が、
Mファンドやスティールとかが出てきた途端に、
被害者面をして株主価値や従業員満足を語りだす構図、
そこに相当程度の違和感を感じていると認識しました。

自分たちのこれまでの経営がさも素晴らしかった、
そんな無謬性を前提として防衛する姿に、
同じ穴の狢なんじゃないの?
そう感じてしまっている自分がいるんですね、きっと。

そして、へそ曲がりの自分としては、
一般的に批判されてしまうことが多い企業買収側に立ってみたい、
そんな衝動に駆られるので、GWGもハウズイングも相手方の視線でみてるのだと思います。

ん~ 天邪鬼だなぁ。

まぁ、昔から上と喧嘩ばかりしてましたから、
しゃーない性分ですね。
長生きできないでしょうねぇ。。。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。