プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
SBIホールディングス<8473>
「当社グループから株式会社ゼファーに対する貸付金について」
対ゼファーに対する貸付金ですけど、
担保とって保全してますよという内容。


チヨダウーテ<5387>
「訴訟の提起に関するお知らせ」
同じ内容の適時開示を前に見た覚えが。
ここが開示するのが遅いだけか。


アインファーマシーズ<9627>
「特別損失の発生に関するお知らせ」
例の件に関する買収費用ですね、わかります。


日本ハウズイング<4781>
「原弘産に対する当社株主名簿の開示のお知らせ」
原弘産<8894>
「株主名簿閲覧謄写仮処分命令申立却下決定に対する抗告事件における東京高等裁判所による当社勝訴決定のお知らせ」
ふむ、これはなかなか画期的ですね。
訴状全文を適時開示しているのは、
参考事例として押さえておくべき。
それはさておき、原さんはしゃぎすぎ。
「勝訴」とか、いらんこと書かないでいいのに。
気が緩んでるな。


日本ハウズイング<4781>
「原弘産グループに対する質問書の送付について」
実際におたくは買えますのん?
という観点からのハウズイングの質問書ですが、
内容的にはなかなかのものではないかなと。
>>
現時点で貴社提案賛同株主に該当する株主の有無、及び現時点で想定される本公開買付けの買付け予定の株券等の数について、あらためてご説明下さい。
>>
気になったのはこのあたり。
株価インパクトがありそうですからねぇ。
質問することの妥当性は正直判断できてませんが。


YOZAN<6830>
「平成20年3月期決算短信の取りまとめ状況および当社第18期定時株主総会の決議事項に関するお知らせ」
もう、グダグダですなぁ。
そういう株ですからしかたないですけど。


キムラタン<8107>
「当社第45回定時株主総会における取締役解任議案のお知らせ」
なんという監査報告書。。。
そうですか、川床さんダメなんですか。。。
スポンサーサイト
Comment

>>やまさん

マイドです。
画期的ですね。この部分は法改正入るんでしょう、きっと。

「どうせ全部買うほどのお金はないでしょ?」
「だったら株を買い取ってもらえるのは一部でしょ?」
「そんな買収提案に株主の皆様は乗りますか?」

こんなところですかねぇ。
ハウズイングという事業に対する融資ですから、
不動産への融資とはちょっとニュアンスが違うんですかね?
そのあたりは同一視してもいいのかなぁ。。。

買収防衛策に対する報告書は読んでおりますが、なかなか興味ある質問ですね。
株主総会の場で両者にコメント求めてくれないかな。

日本ハウズイングの件、東京高裁の判決は画期的ですね。
これでプロキシファイトに限れば会社法125条3項は有名無実になったも同然です。
今回の判決も考慮して早急に会社法が改正されることを望みます。

原弘産グループに対する質問書の送付についてはどうですかね?
原弘産の財務内容から買収資金は金融機関からの借り入れと断定して、アーバンやゼファーといった競合他社の事例で不動産業全般への融資姿勢の厳しさをあげていますが、既に原弘産は自己資金等を当てると開示してますし。
実態として原弘産がやろうとしていることはLBOなんでしょうから、それを明確にすることが目的なんですかね?

先日経産省の企業価値研究会がまとめた買収防衛策に関する報告書への見解を双方に聞いてみたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。