プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:不適切な会計処理関連
アリサカ<2328>

2008/5/27
「複数年度に渡る不適切な会計処理の判明および平成20 年3 月期決算発表の延期について」

アルゼの上を行く、2:51という未明開示?
しかも内容がサイアクという。

>>
平成20年3月期の会計監査において太陽ASG監査法人の指摘により、過年度における棚卸資産の過大計上や店舗改装費の架空計上等の不適切な会計処理が判明したことにより、過年度を含む当社の財務諸表に重大な影響を及ぼす恐れが生じました。
>>

これだけならまだしも。。。

>>
係る不適切な会計処理は過年度より継続的に行われており、これらにつき適正な会計処理がなされていたとすれば債務超過となる可能性があります。
>>

終わった。。。

監査人の太陽ASGを責めてはだめですよ、
ここは元々は中央青山のクライアントですからね。

2007/5/22 「会計監査人の選任に関するお知らせ」

平成19年3月期がみずす、平成20年3月期が太陽ASG、
監査人が交代した翌年に不適切な会計処理が見つかるという。
関与する社員のローテーションとか言っているよりも、
監査人のローテーションのほうがやっぱり効果的なんですかね。
会社の負担は間違いなく増えますけども、
投資家保護を考えるなら、効果的なのは間違いないでしょね。。。
ぶっちゃけ内部統制監査を導入するよりも、
定期的に別の監査人の目を入れるようにしたほうが、
よっぽど実効性があるような?
経団連はどっちも反対してますけどねぇ~



さてさて、去年の有価証券報告書を繰ってみたわけですが、
債務超過となる可能性があるとか、実際どうなんでしょうか?
ちなみに、連結決算なしの単体のみです。
(以下、数値は平成19年3月期決算ベース)

純資産合計が25億で自己資本比率が15.6%ですよと。

棚卸資産の過大計上に対応しそうなのは、、、
貯蔵品ですが、全部で5億円ぐらいしかないよと。

店舗改装費の架空計上となりますと、
売上原価かなんかでしょうかね?
というか、費用を架空計上したら利益減りますから、
逆粉飾じゃないのかなと思ってみたり?

アレ???

純資産の25億をぶっとばすような、
インパクトのある箇所はどこでしょうねぇ。。。

流動資産は合計で21億ですから無理で、
固定資産に関係しているような印象があるんですが?

敷金あたりは、
 平成16年3月期 3億
 平成17年3月期 3億
 平成18年3月期 5億
 平成19年3月期 10億
といった動きをしてますから、
候補といえば候補ですかね。

有形固定資産については、
 平成16年3月期 82億
 平成17年3月期 93億
 平成18年3月期 107億
 平成19年3月期 125億
といった動きをしてますし、
インパクト的には十分ですかね。

アミューズメント事業をしているわけですから、
アミューズメント機器が棚卸資産のようなものではありますし。

費用勘定関係を固定資産にくっつけて、
即時費用化を避けたという方法が予想されますねぇ。
後は、実際には不存在の有形固定資産がオンバランスされてるとか。
固定資産実査をしていない会社は少なくないでしょうが、
リスクとしては十分にありえるわけですよねぇ。

キャッシュ・フローの状況を眺めてみると、
営業キャッシュ・フローは黒字を続けてますが、
投資キャッシュ・フローは真っ赤という状態。
拡大を続けている会社だから、
まだまだ伸びる!と思わせるには十分な決算書です。
やっぱり、利益とのバランスを見るには、
フリー・キャッシュ・フローを使わないと、
あかんのかなぁ。。。

九州の銀行は大変だなぁ、コレ。
決算後の株主総会前に出て欲しくはないでしょうに。
債務超過なんてことになったなら厄介です。
宮崎・大分・宮崎太陽・福岡・鹿児島、
といったあたりが、有価証券報告書には載ってますね。
貸倒引当金設定しているのかなココについて?
当期決算へのインパクト的には、宮崎・宮崎太陽がしんどそう。
黒字は確保できそうですけどね。
スポンサーサイト

タグ : 不適切な会計処理

Comment

>>Zさん

今日3度目のコメントありがとうございますです。
お怒りじゃなかったなら、ほっと一息ということで。。。

仕事してないってわけじゃないじゃないんですが、ぶっちゃけ労働時間的にはゴールドマンやモルガンや若手官僚の方々には及びません。
残業時間で言えば、月当たり100時間から200時間ぐらいという方々が多いんじゃないかなと。(自分もその範疇でしたし)
ただ、ほら、例のリスクアプローチとかいうやつの間接作業で時間とられてるわけで、労働時間が増えても実効的な監査をしているわけではないんですよね。
「リスクアプローチを徹底すれば粉飾決算がなくなる」というのは、粉飾決算を減らす政策を打たなければいけない「さる方々」の建前と理解してますが。
「会計士の資格の要求能力」という点では、「さる方々」が年間合格者3000人だか5000人だかをぶち上げた時期がありましたからねぇ。。。
大手の主査クラスの方々の愚痴をここに書くのは自重しておきますが、そういうことであります。

現状の流れのままですと、件の不適切な会計処理の発覚については、今後も多発する可能性は高いと思われます。
しかも結構な規模の監査法人が監査していたとしても。
>>Zさん

今日3度目のコメントありがとうございますです。
お怒りじゃなかったなら、ほっと一息ということで。。。

仕事してないってわけじゃないじゃないんですが、ぶっちゃけ労働時間的にはゴールドマンやモルガンや若手官僚の方々には及びません。
残業時間で言えば、月当たり100時間から200時間ぐらいという方々が多いんじゃないかなと。(自分もその範疇でしたし)
ただ、ほら、例のリスクアプローチとかいうやつの間接作業で時間とられてるわけで、労働時間が増えても実効的な監査をしているわけではないんですよね。
「リスクアプローチを徹底すれば粉飾決算がなくなる」というのは、粉飾決算を減らす政策を打たなければいけない「さる方々」の建前と理解してますが。
「会計士の資格の要求能力」という点では、「さる方々」が年間合格者3000人だか5000人だかをぶち上げた時期がありましたからねぇ。。。
大手の主査クラスの方々の愚痴をここに書くのは自重しておきますが、そういうことであります。

現状の流れのままですと、件の不適切な会計処理の発覚については、今後も多発する可能性は高いと思われます。
しかも結構な規模の監査法人が監査していたとしても。

あ~別に怒ってはいませんw個人的に何の被害もないので。
ただこれだけボロボロ見抜けませんでしたー、ってでてくると「君ら何の仕事に対して金とってんの?」といいたくなるわけで。ろくにチェックもしないで判子ついてるだけなら会計士なんて職業自体いらなくね?って思ってしまいまして。
逆にがんばってチェックしたのに見抜けないってならもうちょい会計士の資格の要求能力上げて欲しい。

>>yurakuさん

コメントたびたびありがとうございます。
急展開に驚きを隠せないわけですが、突然事故ってくれたなぁと。
敷金については、償却も不要ですからね。
「移転代金の全額とはいわん、
 一部でええからそっちで面倒みたことにしてくれへんか?
 敷金としてその分上乗せしてくれてかまわへんし、
 最後の退去精算のときに、原状回復費用の上乗せでさっぴいてくれればええわ。」
こんなかんじでどないでしょ?

>>Zさん

いやはやこれは手厳しい。。。
かなりお怒りのご様子、スイマセンととりあえず謝っておきますです。
それはさておき、現状の罰金制度ですが、改正公認会計士法で入ったのが、例の「課徴金」というやつであります。
http://www.fsa.go.jp/news/19/syouken/20080501-1/01.pdf
・故意であれば監査報酬の1.5倍
・相当の注意を怠ったときでも1.0倍
そんな感じものが一応は入っております。
とはいえZさんが仰るところの、見逃した金額に見合う罰金にはなっていませんからねぇ。
導入されたらかなりの緊張感になるでしょうし、監査報酬は更に上がること確実。(リスクフィー割合が絶対増やしてくるはず)
日本の監査報酬が低くてもなんとかなっているのは、監査リスクを良くも悪くも限定できていた部分もありますから、その箍ははずれることになります。


こんなもん見逃す奴が公認会計士名乗って給料とってることが間違いかと。やる気が無いのか能力が無いのかしらんけども。表面上みぬけないとか人を小ばかにしたこと言ってないで金もらってる意味考えるべき。
真面目に上であげた監査役・法人への罰金制度導入して欲しい。

すごいタイミングですなあ。
さっきgrandeさんの記事読んでコメントして。
さっき倒産...おいおい(汗)

そんなにやばかったんだ。ココ...

敷金についてコメントどうもです。そうですか、相手先とつるんでしまえば...どうしようもないですね。。

>>やまさん

すばやいコメントありがとうございます。
そうですか。。。
会社更生法ですから、倒産ということですよね。

違法配当の問題も出てくるでしょうが、
会計監査人に訴えようにも、既に存在しない。。。
解散した法人への責任追及は、確かリミットがあったと記憶してます。

単なるミスなのか、意図的な粉飾なのか。
この規模でしたら、言わずもがなですか。
内部統制で予防できるのか?ホントに。。。

>>Zさん

監査法人ローテーションは5年ぐらいが適当かなと。3年だとさすがに短い感じがします。
大手監査法人は内部での社員ローテーションが期待されるから免除するとして、規模が比較的小さいところほどこのローテーションするべきなんだろうなぁと。
でも、実際の流れは大手の監査法人内でのローテーションになりそうな雰囲気です。
むしろ逆だろ、と思うんですけどね。
(WPクライアントのローテーションとか、引き受け先見てみたいじゃないですか)

>>yurakuさん

マイドです。いつも3:00ぐらいまで平気で起きてますから、まだまで平気ですよ。
パチ屋もなんですけど、遊戯具が固定資産という名前の棚卸資産みたいなものなんですよねぇ。。。
5年償却といいつつ、実際は1年で除却するとか。税制のせいですよ。
あと敷金については、当初の契約書と毎年の残高確認さえパスすればいいので、共謀できればぶっちゃけ粉飾しやすいですよ。
実際は費用にも係わらず、うまいことやれば敷金に化けてもおかしくはないという。(詳述はやめときます)

>>やまさん

マイドです。
元中央青山の先生方を存じ上げておりますが、粉飾指南するような方々では。。。
みすずだった1年間があると思いますが、ここで人的不足により現場が疲弊して、内部がボロボロだったとはよく聞きます。
みすずの会計士補の会計士3次試験の合格率が悪かったのは、仕事による多忙のため勉強できなかったからだと、私は思ってるぐらいですので。
監査人員という監査資源の不足がもたらした、不幸な時期があったのではないでしょうか。意図的ではないと思いますよ。
(マジレスすんません)

アリサカ会社更生法適用を申請だそうです。
九州の地銀では宮崎銀行のダメージが比較的大きそうです。

これは株主から訴えられるでしょうね。

3年ごとに監査法人代えなきゃならなくして、前の監査法人が見抜けなかった奴見つけたら前の監査法人は見逃した金額の10%を罰金で国へ 5%を見抜いた監査法人へ支払うとかしたらいいのに。

おはようございます。
棚卸資産の過大計上ということで、カネボウを連想しましたが、これだけで債務超過になるほどのインパクトはおっしゃる通り無さそうですね。

平成19年度分だけで40億以上を出店,店舗リニューアルとして固定資産計上していますから、おそらくこれが粉飾に関係しているのでしょう。

それにしても中央青山監査法人ってところは粉飾を指南することが仕事だったのでしょうか?
また粉飾に会計士が加担していたなんてことは無いと願いたいです。

強烈ですなあ。発表時間も、内容も。
それに、この時間に書き込むgrandeさんも(昼夜逆転?)

確かに敷金と有形固定資産はあやしいです。金額的に。
やってる事業から考えて、普通はあまり疑いを持ちにくい科目です。レジャー施設であれば、いずれも額が膨らむのは当たり前というところがあるので。
敷金は、毎期監査時に貸主にちゃんと文書で確認してると思うので、あまり粉が簡単とは思えないです。となると、建物とかアミューズメント施設の残高が実は鉛筆なめなめ...でこれからどーんと減損かな...

あ、アリサカってBIGHOPにも出店してる...

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする


アリサカ 会社更生手続き申請


うそ!はやすぎ!!! 会社更生手続開始の申立てに関するお知らせ 昨日、アリサカが粉飾で債務超過かもというIRが出てたけど。 ちょうどさっきgrandeさんところのその記事を読んだところでした。 しかし、それからまもなく会社更生手続きですか... 恐ろしい。。



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。