プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:監査ネタ
2008/4/19
「ナナボシ粉飾決算、トーマツ監査に過失――大阪地裁が1700万円賠償命令」

損害賠償請求約10億1900万円に対して、
賠償額約1700万円の判決となった模様です。

損害額としては1年分の違法配当約8500万円のようですが、
組織ぐるみの粉飾決算ということで、
「責任の8割は旧経営陣」ということになり、
残りの2割が会計監査人の責任とされております。

でも結局は旧経営陣とか旧監査役から、
内部の連帯責任とかで請求がかかるんですかね?

>>
「監査契約には経営陣の不正をただす目的も当然含まれており、財務諸表が正確か虚偽かを監査するのが監査法人の責務」
>>

経営者不正は会計監査でなんとかしろと。。。
これは内部統制監査が厳しくなるんじゃないかなぁ~
金融庁の思惑はあるでしょうが、制度は既に手を離れていますし。
監査人としては「金融庁検査対応」「司法対応」
どちらについても意識せざるを得ないでしょう。

判決文をどこかで読んでおきたいなぁ。。。




スンマセン。更新が滞っております。
期末監査の繁忙期につきご勘弁のほどを。。。

面白いネタがごろごろしているのは捕捉しているのですが、
エントリーしてる暇がないという。
さすがにコレはマイナーパスできなかったということで。

それにしても、もともとの事件としては古いですよね?
5年以上前ということは、
キャッツやメディア・リンクスよりちょっと前ぐらいの、
フットワークエクスプレスと同じころの事件だったと記憶してますが。
スポンサーサイト
Comment

やまさん

>>
私も疑義のあるクライアントを切るという決断は大事だと思いますよ、それ以前に会計士から意見表明する機会があればとも考えます。
>>
あやしげな会社の監査は受けない、というのも方向性としてはアリなんでしょうけどね。
本当はそういう会社ほどあやしげな会計処理するわけですから、しっかりした大手が監査して欲しいところですが。。。
あやしげな会社は上場廃止にしていかないと、ますますあやしげになっていくだけなんですよね、現状は。。。

会計士側からの意見表明ですが、現実的には難しいでしょうね。
継続企業の注記のときでさえ、会計士がトドメをさすのかという話があったぐらいですから。
会社の中を知っている立場なわけですから、あんまりアナリスト的な役割は期待してはダメなような気がしていたりします。
臨時報告書の監査人交代の実務が、いよいよこれから始まるわけですが、交代の理由のところの意見についても、「意見なし」というのが多そうな気がしてるんですよねぇ。

>ここで出てくる対応としては、「意図的に隠す可能性のある会社はクライアントにしない」「意図的に隠されるようであればより厳しく監査する」あたりが浮かぶところであります。
私も疑義のあるクライアントを切るという決断は大事だと思いますよ、それ以前に会計士から意見表明する機会があればとも考えます。
期中に辞退する監査法人が時々見受けられますが、どこが駄目で適正意見が書けなかったのか一般人には皆目わからないですから。

今は会計士さんの正直な意見があまり見られず、ゴーイングコンサーンで少し垣間見れる程度と感じています。
もう少し一般の投資家や債権者に対して発信する機会があっても良いのでは無いか?と思いますがいかがでしょうか?

やまさん

こんばんは。コメント遅くなりました。
なんとか一気に整理ができました、ふぅ。

>>
報道の内容ではトーマツ側の粉飾を意図的に隠されたという主張を、粉飾を見抜くのも監査法人の責務だと退けたということで私は妥当だったと思います。
>>
粉飾を見抜くのが会計士の仕事ですから、仰るとおりだと思います。
ここで出てくる対応としては、「意図的に隠す可能性のある会社はクライアントにしない」「意図的に隠されるようであればより厳しく監査する」あたりが浮かぶところであります。
後者に本来はいくべきなのですが、リソースが足りないなどの理由で、前者になりがちなのが現状ではないかと思っております。
ちなみにもう一つ「会社に内部統制整備を相当のレベルで求める」という対処法もあったりするとは考えているのですが、一応は金融庁からそれはカンベンしろとお達しがでていますので、やはり変なところはキルという方向性なのかなと。

>>
日本の会計監査は、こうした粉飾決算の反省からここ数年で大きく進歩したと感じています、内部統制も含めて2度とこうした訴訟が起こらないよう期待したいです。
>>
仰る通りでございます。が、「アスキーソリューション」「三洋電機」あたりはやはり火を噴くような気がしてなりません。
前者は上場廃止になってしまいましたし、後者は違法配当の問題がくすぶっておりますので。
どちらも大手が関係しているというのが、皮肉な感じがします。

お仕事おつかれさまです。

おそらく注目度の高い訴訟なんで、以下の裁判所サイトで判例開示されると思います。
http://www.courts.go.jp/

報道の内容ではトーマツ側の粉飾を意図的に隠されたという主張を、粉飾を見抜くのも監査法人の責務だと退けたということで私は妥当だったと思います。
この件ではナナボシの監査過程に見落としがあったとして、監査をした7名の会計士が会計士協会から1ヶ月~3ヶ月の業務停止処分を受けています。

ちなみに今でも処分された会計士の方は、トーマツの公認会計士として監査業務に携わっているようです。


粉飾決算による監査法人を巡る損害賠償としては、約10年前に倒産したヤオハンジャパンの株主が当時の中央監査法人と旧経営陣を相手に起こした損害賠償訴訟があります。
この時は大阪地裁の和解勧告により両者が和解し、監査法人と旧経営陣が賠償金を支払っています。
(和解額から考えて中央青山も相当額を支払ったと推測)

今回はトーマツか管財人のどちらかが和解を拒否した可能性があるのではないでしょうか?

日本の会計監査は、こうした粉飾決算の反省からここ数年で大きく進歩したと感じています、内部統制も含めて2度とこうした訴訟が起こらないよう期待したいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。