FC2ブログ

プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:キニナル
クインランド<2732>

2007/10/4
「投資家による早期償還請求権(プットオプション)行使のお知らせ」

「Canyon Capitarl c/o DKR Oasis Company L.P.」
の残存社債について、早期償還請求を受けたとのこと。

請求は有効ながら、期限は無効という解釈により、
償還期日についての協議をするということです。
監理ポストに入ると大変ですね、やはり。

それにしても、「転換社債型新株予約権付社債」
が早期償還されるということ事態が、
あまりよろしい状態を示してはいないんでしょうね。
取得時点では転換して市場売却を想定していたのでしょうから。

強硬な資金回収ではないという記載にはなってますが、
今後の動きには注目といえます。
資本増強して、負債返還するんですかね。
でも、発行していた社債をみると、
エクイティみたいなものですけども。 こういう場合に次の引き受け手がでてきたならば、
「誰が」「何故」引き受けるのかぐらいは考えたほうが無難かと。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ