FC2ブログ

プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:内部統制ネタ
その2の続きになります。

問11

四半期決算でテストできる部分と、
年度決算でないとテストできない部分がでてくるでしょう。
四半期決算であれば期中でしょうが、
年度決算になると過年度を対象に?
普通に考えるとやはり当該年度の年度末を見たいところですが。

実務的には2Qとか3Qをチェックして、
不備があれば4Qまでに改善して、
4Qで改善されていることを確認できればベターなんでしょうか。

問12
問13
問14

ITのプロというわけではないので、
ここについてはその2でもリンクしましたが、
丸山先生のブログのほうをご訪問していただけますと。
問13についてはなかなか辛辣な。

問15

やむを得ない事情というやつですか。
JICPAの監査の取扱いのほうにも、
2つぐらい事例があったような覚えがありますから、
明示された例示は4つということになりますかね。

問16

ここについては経営者評価のほうでの問題でしょうから、
評価範囲の除外として、うまい理屈で投資家を納得させられれば、
別に問題にはならないような気がするんですけどね。
内部統制評価のために、本業の経営効率が落ちるとしたら、
本末転倒な気がしてますし。

問17

なんか当たり前のような気がするんですが。。。
目的を達成するための手段はいくつもあるわけで、
監査法人ごとの基本ツールも異なっていることは自明ですし、
絶対的なものというわけではないでしょう。
逆にそうなってしまうと、監査法人の変更ができなくなるために、
リスクが高くなってしまいますし。

テンプレとして参照する分には充分でしょうが、
作業負荷との兼ね合いを検討して、各社で解釈すればいいのではないかと。

問18

監査人の監査対象の確認になりますが、
「評価結果」であって「評価手続」ではないと。
監査人が検討する対象としては、
1 経営者が決定した評価範囲の妥当性及び
2 統制上の要点の識別の妥当性を検証した上で、
3 内部統制の整備状況及び運用状況の有効性に関する経営者の評価結果の妥当性
の3つになりますよということのようです。
といいつつ、問19にて「サンプルの妥当性」の検討という表現がありますから、
評価結果の妥当性を検討する過程において、
評価手続の妥当性も検討することになるんではないかなと。

しかし事前協議という観点から考えますと、
監査人側としては「評価結果が見えない段階での評価手続に関する協議は不可」
という対応も可能ということになってくるのかもしれません。
(フィーの関係でどっちにでも転ぶのではないかと思いますけどね)

あとは当然でしょうが、フロー作成を明示的に求めていない関係もあって、
フローの妥当性を検証するような作業は監査人側には求められてないんでしょうね。
(監査資料として提供することで、作成したフローの妥当性チェックについては、
 監査人に投げているケースがあるとかないとか・・・)
業務における重要な統制行為の識別などについては、
早い段階で詰めたほうがよさそうな感じはしますけども。

問19

そもそもの建付けが「経営者自身による自己診断」という要素がありますので、
評価者の独立性確保は、土台無理な話なのかもしれませんが。。。
そう考えると、全社統制のモニタリングの項目を内部監査人が評価して、
それを経営者が承認するという方法もありなのかもしれないなと考えてみたり。

ただそうなると、監査人が監査証拠として利用するのは、
なかなかしんどいところがあるでしょうけども。

問20

ここは読めばわかるハズ。


長々となりましたけども、
とりあえずの現状はこんな印象を受けました。
スポンサーサイト



タグ : 内部統制

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ