FC2ブログ

プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:内部統制ネタ
その1からの続きということで。
前書きは省略。


問6

丸山先生がお書きになってますように、
>>
 「採用しないこととされている。」ということは、採用すれば、
・基準、実施基準に従って評価していないということになるのかなぁ・・・
それとも
・基準、実施基準に従っていないけど、結果的に評価が適正ならそれでよい
ということになるのかなぁ・・・
>>
おっしゃるとおりではないかなと。

採用は禁止なのか、想定していないぐらいなのか? わかりませんね。
企業側からするならば、作業負担は減るところになるでしょうが。

ちなみに、ここで記載されている「重要な勘定科目」というのは、
「売上・売掛金・棚卸資産」の3勘定なのか、
別途設定するものなのか・・・

問7

宣誓書の件ですが、昨年はなんか流行っていたような。
結局、形式面でしかないですよということでしょうね。
いっそヒアリングシートを用意して、
直接理解度のヒアリングを行うほうが効果はある?
(ヒアリング対象はサンプリングでしょうが)

問8

「会計士が手続きを行っているから当該内部統制は有効である」
という結論は導出できませんよということでしょう。

「会計士が手続きを行っている場に立会い、質問対象者の回答内容を確認した結果、当該内部統制は有効である」(必要に応じて内部監査人からの質問の投げかけていればさらに○?)
という結論であればいいんですかね?
要は「監査人がOK出したからOK」ではなく、
「自分たちがOK出したからOK」という建付けにせよということに。

問9

ここの読み方がわからなんですよね。問3と同じぐらいわからない。
自分がアホだからなんでしょうけども。

>>
(2)経営者が提供する情報等を基に、監査人において、財務諸表監査のためのフローチャート等の作成が可能であるとすれば、経営者においても、当該情報等に基づき内部統制の評価を行うことが可能であると考えられる。
この場合、内部統制の評価に必要な業務プロセスに係る内部統制の整備及び運用に関する適切な記録について作成しているものがあれば、経営者において、それを利用することができる。
>>

「経営者においても、当該情報等に基づき内部統制の評価を行うことが可能」
という記載の「当該情報等」は「経営者が提供する情報等」を指すのか、
監査人が作成するフローチャート等を指すのか?

前者で解釈して、フローチャートすら必須ではないという意味になるんでしょう。
後者だとしたら、監査人は作成済フローチャートを提出せよという、
なんだか???な話になってしまいますし。

問10

事業拠点の下に営業拠点をぶら下げているという理解でいいんですかね。
営業拠点の考え方は「サンプリングの母集団」との関係で重要ですが、
「ローテーションが可能」「そもそも僅少であれば母集団から除外可能」
となれば、実務に対する結構影響は大きいのではないでしょうか。
そもそも除外できるとすれば、
ウォークスルーにより同質性を確認する作業の手間も減りますし、
運用テストで飛び回る負荷も減りますし。


こっちのエントリーも結構な量になってしまったので、
そろそろ一回きっておきます。


<2007年10月8日2:00追記>
LIGAYAさんからトラックバックを頂戴しました。
問9に関するエントリーになっております。
「監査人が作ったフローチャートをもらえる」
という誤解が払拭されるかと思いますので、
是非ご一読のほどを。
スポンサーサイト



タグ : 内部統制

Comment

ご無沙汰してます

igarin先生

ご無沙汰しております! お元気でしたか?
最近は大阪のほうにはほとんどいなくなってきてしまいまして。。。

問9のほうへのコメントありがとうございますです。
>>
監査人から経営者に対して情報提供するのはありえないっておっしゃってました。
>>
確かに、理論的にはありえない話ですよね。

追加
(注)もにありますように、フローチャートは必須じゃないともおっしゃってました。
もちろん業務記述書やRCMも必須ではなく、要するに内部統制の整備及び運用に関する評価について適切に記録したものであればよいと。
まあ、ひねくれない限りいわゆる3点セットを作成するべきだとは思いますが、簡単なプロセスであれば省略してもよいんでしょうね。


お久しぶりです。igarinです。
問9の解釈を金融庁に問い合わせましたところ
「当該情報等」は監査人が作成するフローチャート等を指すようです。
監査人から経営者に対して情報提供するのはありえないっておっしゃってました。
ちょと安心。
しかし、そうならちゃんとだめって書いてほしいですね。
経営者が提供する資料を・・・経営者はそれを利用することができるってのは答えになってない。
と思います。
まあ、これはあくまでも個人的な解釈ですが、、、

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする


「内部統制報告制度に関するQ&A」の(問9)は何が言いたいのか?


先日、金融庁より「内部統制報告制度に関するQ&A」が公表されましたが、この中の20問のQ&Aの中で、「問9」の解釈について知人の公認会計士の間で少し議論になっています。その知人の一人が金融庁総務企画局企業開示課へ問い合わせしてくれましたので、以下に「問9」



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ