プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:トレンド
MSN産経ニュース

2008/3/3 11:35
「公認会計士がインサイダー 漫画喫茶からネット売買も、証券監視委が調査」

逮捕・・・ されてはいないですよね?
表現は摘発止まりですか。
SESCとしても、軽微な案件として取り上げるようであれば、
課徴金のみの逮捕なしになるのかもしれませんが。

平成18年2月の取引では△300万円。
平成19年3月~4月の取引では35万円。
「インサイダーやって赤字かよ!」
とネットでは突っ込みが入っていそうな。
ま、インサイダーは利益の有無は関係ないですし。
(課徴金は利益の有無が大きいですけどね)

これによって会計士は「個別株式売買禁止」
という流れになってくるのかなぁ。
上場会社監査事務所に関連する会計士・職員については、
そういう規制を求める動きにはなりそうな気がしますが。

「疑われる外観を作るぐらいならやめちまえ」
外観的独立性を確保するためということで。
インデックス投信か外貨か不動産でもやっとけと、
そういうことになりそうな雰囲気を感じますけど。
(ここ2年ぐらい特に)





2008/3/3 11:28
「大手監査法人所属会計士のインサイダー摘発は初 相次ぐ事件」

こっちの記事はひどすぎる。
なにが言いたいんだろう、これは。

>>
公認会計士は本来、ずさんな会計処理をチェックする立場にあるが、摘発されるケースが後を絶たない。
>>
この一文が存在する意味がわからない。。。
「は本来、ずさんな会計処理をチェックする立場にある」
この部分がいらないな。

カネボウの事例 粉飾決算加担
ライブドアの事例 粉飾決算見逃し
日興コーディアルの事例 不正見逃し
出資金の事例 詐欺
ICFの事例 自社の企業価値を実際より高く見積もらせ公表・・・

いくつか記事が並んでいたのですが、
この記事だけなんか内容が変でした。
スポンサーサイト
Comment

やまさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
「税金への抵抗が強いなら、課徴金で集めればいいじゃない」
そんな意図があるなら、苦笑するしかないんですけどね。

株式投資をしたことが無い会計士というのも、実は結構いたりしますよ。
投資家を向いた仕事をするのか、会社を向いた仕事をするのか、人によって違いがあるんですよね。
個人的には株式投資をしたことがない会計士というのは、自分たちの仕事がどのようなインパクトをマーケットに対して持つかが(身に染みて)わかってない虞があるので、あんまりよろしくないと思っているんですけどね。。。
自分たちが責任を追及される場面というのは、相手方が株主及び投資者又は国家権力という構図が少なからず想定されるわけですから。
これ以上はグチになるので書くのは自重しておきます。。。

これが課徴金で終結するようなら、金融商品取引法って何なんですかね。
バレないうちにインサイダー取引やりまくって、ひと財産築けってことでしょう。

しかし、この会計士は企業会計は理解していても市場のことは理解してなかったのか、折込済みの上方修正直前に株を買って損切り。
マーベラスのような出来高の少ない株を、下方修正直前に大量に信用売りして株価を下げてしまっている。

セミプロ連中なら皆サイダーだって騒ぎますよ。

yurakuさん

マイドです。
会計士への不信感であれば、JICPAなどが払拭に動いてくれるはずなんで、それはそれでいいのですが。
資本市場そのものに対する不信感が、なんか渦巻いているような気がしておりまして。。。
証券会社からマスコミ、会計士と来ていますから、最終的に行き着く先は当局? どうなんだろう?


ろむさん

コメントありがとうございました。
資本市場のためにはインサイダーは論外ですから、今回の摘発自体は評価していいんじゃないかなと思っております。
マスコミが最近とにかく内向きに叩きまくっているのがなんとも。。。
医者やら自衛隊やら、こーだくみやら。
「国民の興味」の充足は別にいいですが、いつかその興味の矛先が自分たちに向かってきたりするんだろうなぁ、と考えたりしております。
ウチも「いつ叩かれる存在」になってもおかしくないと自覚しながら、細々と更新していくつもりでございます。

お疲れ様です。。
マスコミはたたくネタがあると大喜び。。。
ちょっと前までは、医者たたきしてましたし。
この国は出る杭は打たないと気がすまんのですわ。
そのうち、知的職業人は過疎化するんじゃないかしら・・・
あほらしいので無視したらよかですよ

会計士一般に対する不信感みたいなものが、産経の記者の頭の中にあるんじゃないですかね。記者にとっては会計士なんて誰でもいっしょ、みたいな。
まぁ気にしないほうがよいのではないかと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする


新日本監査法人の公認会計士 インサイダー取引


新日本監査法人の公認会計士がインサイダー取引をしていたとのニュース。 インサイダー取引によりサービス会社(大証ヘラクレス上場)の株式取引では約300万円の損失を被ったが、その後、情報通信会社(東証二部)の株式取引では約35万円の利益を得ていたようです。当



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。