プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:内部統制ネタ
三洋電機<6764>

2008/2/25
「東京証券取引所への「改善報告書」の提出について」

15Pものですね。
既に調査報告書を読んでいる向きには、
あまり目新しくもないかと思われます。

「ああこんな統制行為もあるんだ」
という参考事例まで。

>>
減損会計導入当時は、現在理解されている解釈に基づく会計基準・実務指針が、当時唯一の公正なる会計慣行となっていたかについて明確ではない中、当社が行なった関係会社株式の減損に関する会計処理については、監査法人との協議を行い、適正意見を得ているものであり、当時の社内管理体制上の認識としては、会計基準・実務指針に従っているものという認識でありました。取締役会においても、財務諸表の作成責任が会社にあることは認識していたものの、専門家である監査法人より適正意見を受領していたため、関係会社株式の減損処理が適切であるか否かにつき特別に審議されたことはありませんでした。監査役の問題認識も、監査法人からの適正意見を前提として監査報告書を作成し、減損処理につき特段の注意を払っておりませんでした。平成13 年3 月期における減損会計ルールに基づく決算への監査法人による適正意見は、平成16 年3 月期まで継続しております。
しかし、財務諸表等の作成責任は監査法人にあるのではなく経営者にあり、財務諸表等の適正表示に関する保証責任は監査役にあるところ、当時の当社の場合、財務諸表等の作成責任が最終的に経営者に帰属するとの認識に乏しく、減損処理をほぼ無条件的に監査法人に委ねたことが問題であったと判断しております。
>>

個人的に印象に残った一節。

前半部分にホンネが見え隠れしているような気がしますが、
とはいえ会社の責任を認めて修正しているよと。
監査法人への責任転嫁ではない記載ですよね。





この件については監査法人側でも色々と。
PWCとの兼ね合いもあるわけですから、
一筋縄ではいなかなかったんでしょうねぇ。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。