プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:トレンド
asahi.com

2008/2/14
「会話5分で企業の価値算定 逮捕の会計士 ICF事件」

遅きに失した感はありますが、
ライブドアで悟ったはずだったんです、
日本においては大本営は信じまいと。

「公認会計士vs特捜検察」
でも感じたはずなんです、
国家権力は敵ではないが、
味方でもないことを。


今回の捜査において会計士を逮捕したこと、
その意義については時間をかけて考えていきます。
公認会計士というフリーランスを、
国家権力の管理下に置こうという、
そういう不気味な方向性を感じたりする私は異端なんでしょう。
CPAAOBが誕生したぐらいから、
そんな感じを受けているわけですが。


元オーナーへの質問が5分だったことを指摘してますが、
トップマネジメントヒアリングしているだけまだマシでしょ?

トップマネジメントの顔を見ないでDDを完結する
そんな案件を聴いたことすらあるわけですが??

そんなにいうのであれば、
一般に公正妥当と認められるDDの基準でも作ってもらいましょうか。
恣意的に責任追及がなされるのであれば、
怖くて仕事なんかやってられませんわ。


>>
田中容疑者による算定前に、ICFの元幹部らが買収額を決めていたといい、買収の正当性を取り繕うためだけのずさんな調査だったと府警はみている。
>>
ディールに当たっては買収額の目処は決まっているわけで、
その正当性を消極的に保証するわけでしょ?
「明らかに不当とはいえない」
「それもありかもしれない」
というぐらいのニュアンスでしかないと理解しているわけですが。
DCFで唯一の解が出るという人とかいるのかしらん?

>>
田中容疑者が所属する港陽監査法人は、ICFが買収した計16社のうち、04年9月~05年に連続して8社の算定を担当した。
>>
この文章「半分もやってるよ!」と言いたいのかもしれないが、
個人的には「半分しかやってないよ!」な感覚。
おそらく一般の感覚からはズレているのでしょうが。

これはもういくつかの監査法人は、
いろいろ撤退しないといけなくなりますねぇ~~~~~
第三セクターのDDとか、不良債権処理のDDとか~~~~~


私の中で最大の問題と考えているのは、
こういう類の会社を上場させたままにしている、
そんな場を提供している存在なんですけども。


根本的な原因をもっと批判したほうがいいですよ。
あやしげな会社の上場を認めて、
その上場を維持している時点で、
片棒を担いでいるリスクを認識したほうがいい。


ICFという企業がシロかクロかはおいておきますが、
あやしげな企業には関わるなと、そういう警告なんですかね?
しかしながら監査を要求する上場制度は存在しています。
そして、上場廃止にはなかなかならないという現実も存在するわけです。
DIがJICPAへ監査人がいないからなんとかしろと、
そんな要求をしたことがありましたが、
KDAへのCPAAOBの勧告などを考えると、
どうみても監査を取り巻く環境が荒れる、
そう考えざるを得ないです。





「適切な経営理念や倫理規程に基づき、社内の制度が設計・運用され、原則を逸脱した行動が発見された場合には、適切に是正が行われるようになっているか。」
財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準より 「財務報告に係る全社的な内部統制に関する評価項目の例」


読み替え・・・

「適切な経営理念や倫理規程に基づき、取引所の制度が設計・運用され、原則を逸脱した行動が発見された場合には、適切に是正が行われるようになっているか。」


財務報告に係る内部統制の対応をしている企業であれば、
・不正を行った役員が子会社の役員として残っている
・不正を行った従業員がそのまま出世していく
といった事例があれば思いっきりアウトなわけです。

しかしながら取引所という世界においては、
そういう企業の存在が許されているという不思議。
示し・・・ついてますかね?
スポンサーサイト
Comment

ktbepさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
田中氏が共生者に該当する可能性があるので逮捕された、有力な線だと思います。
となりますと、自分が共生者に該当する可能性があるのであれば、その相手とは取引するなということになりますね。
DDに限らず監査も含めてになるでしょうから、今年の3月決算ところでグレーな相手は切られまくる可能性が高いのではないかと。(ある程度の規模の監査法人のリスク管理として)
今年の6月の監査人異動銘柄については、とりあえず中身を吟味する必要があるかと。


8941さん

こんばんは。申し訳ありません、てっきり証券コードかと。。。
実際のところ、情報待ちの部分が大きいですので、今後の成り行きを見守るしかないのかなと思います。
またよろしくお願いします。

Zさん

こんばんは、コメントありがとうございます。
私見でしかないのですが、「わかっていて判子を押している会計士はいない」と信じております。
それはもう会計士としてのプライドの問題でしかないのでしょうが。。。

「常識ではありえない数字」の件について答えになっているかどうかわかりませんが、コメントさせていただきますね。
監査では最初に「分析的手続」とかいうものを行いまして、「異常な数値」を把握します。(普通は)
「売上と売掛金の比率が狂っている」「総資産に占める在庫金額がおかしい」などなど。
そうして気づく部分がありましたら、詳細に中を詰めていくことになるんですね。
あくまで数字的に異常であることが重要な虚偽表示というわけではないので。
要は会社の方に「普通に考えれば異常な数値だが、異常ではないことを証明して、監査人である私を納得させて欲しい」ということを要請するようなものです。
その結果、原価計算に異常がないことや原価の付け替えではないことなど、あやしげな可能性を一つ一つつぶして、OKであれば適正意見が出ると、そういうことになっているのです。
ですので、異常数値については気づいた上で、サインした方としては異常ではないことを納得してサインした「はず」なんです。
評価減の話について言うのであれば、売掛金であれば回収状況や回収計画の合理性、在庫であれば評価単価などはポイントになっているはずです。
このあたりの検討をしていない場合には、JICPAのレビューやCPAAOBのレビューでボコボコにされますので(検討が甘い場合には、情け容赦なく指摘されまくります)、いずれ別の形で監査の質がバレます。

ここで会社が意図的に粉飾をしている場合には、回収できたように見せかけるために別会社を使ってぐるぐる回している(そして利益が乗る為にぶくぶく膨らむ)、といった手法がとられているわけですが、それに気づかなかった会計士については「正当な注意義務を払わなかった」ということで処罰されております。
木を見て森を見ずであったために、カラクリに気づかなかったというやつでございます。

ご返事頂きありがとうございます。
 >8941さん(証券コードですよね?)
 いえ・・・(^_^;) このIDでブログ書いて居るんですが・・
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BD%938472
 こちらの つもりでID取ったんですが・・
 間違えてまして・・・変更も面倒なので放置で現在に至ります。
 私がID取った後に この証券コードの会社が上場しました。

 保護の為の可能性も否定してないんですね
 私も 今後の展開をなま暖かく見守っていきます。
 ただ 情報がネット・テレビ等のメディアだけの
 素人ですので妄想の方が大きいです。
 また、質問させて頂くことも有るかと思いますが
 その時はよろしくお願いします。

はじめまして
今回の会計士の逮捕については、彼がいわゆる共生者の疑いをかけられていることによるものと考えています。
彼以外の逮捕者の容疑が濃厚のようですので、問題は彼が知っていて加担したのか、知らずに巻き込まれてしまったのかということになるのでしょう。
なお、知らずに業務を引き受けたのだとしても、依頼先にリスクを感じなかったのだろうかという疑問は残ります。不注意だったのではないかと。逮捕とは別問題として。

はじめまして。ずんちゃかさんのところから来ました。

少々関係ないかもしれないのですが質問あります。
会計士(公認会計士)の方々って、粉飾、そこまでいかずとも常識ではありえない在庫評価がされてる決算が上場企業でもでてますが、あれはわかっていながら判子押してるんですが?それともわからないで判子押してるんですか?

補足

ただ、そういう監査人がシロかと聞かれますと、よくてグレーまでかなとは思っています。
でも、現行制度上は市場の混乱を防ぐ意味なども含めて、一定の存在意義はあるんじゃなかろうか、そういったニュアンスであります。
少なくともグレーな方々は、会社のほうを「ソフトランディング」させてくれますので。(徐々に大赤字を出しながら株券印刷しながら消えていく)
「ハードランディング」させざるを得なくなるようなケースは最悪。

矢さん

まいどです。多々コメントありがとうございます。
長くなったので独立コメントにて失礼します。

とりあえず確認として、変な会社が上場維持になっているため、今回の様な事件が発生してしまうというところはAgreeいただけますか?
悪用したい側にとって、利用可能な手段となってしまっているという点です。
その上で書いていきますね。

>じゃあ、どうすればいいんです?

まず「変な会社を上場させないこと」は必須でしょう。
上場ゴールや上場詐欺はもう論外。

次に「変な会社にさせない」ことが大事なんだと思います。
とはいえこれは具体的施策が難しいなと。上場会社集めてセミナーしたり、経営者確認書とったぐらいじゃどうにもならないでしょうから。
SESCと検察合同の抜き打ち検査でも創設して、抑止力でも作りましょうか。

最後に「変な会社を介錯する」仕組みが必要なんだと思います。
会計士が不適正意見を出すようにする、という大技がありますが、オピニオンショッピングがありますから。。。
となると、資金の流れを止めてしまうのが最善なのかなということで、「ふざけたファイナンスを禁止する」しかないのかなと。
とはいえ、ファイナンスができないというのは上場の意義としてどうなんだという話もあるでしょうね。一定条件下なのかな、やはり。

となると、投資家側でふざけた会社の株は買わないようにする。これが一番なんですかね。
暴落させて時価総額5億円にひっかけることで、ご退場いただくという。

>最初からおかしな会社ばかりと言うわけでもなし、ちょっとおかしいから出て行って下さいという訳にも行かないでしょう。
>線を引くのも難しいし、取引所は警察じゃない。
>今だって、追い出すのに相当苦労してる節は見えると思うんですよね。

おっしゃるとおりです。取引所にそこまで求めるのは酷なのかもしれません。
そして取引所を会計士に読み替えていただきたいなと。。。
AとかPとかWとかについては、あそこはあそこで苦労していると私は考えておりまして。
(Kだけは例外と認識しています)
http://lagrande.blog115.fc2.com/blog-entry-320.html
会計士業界としても「ちょっとおかしいから出て行って下さい」という訳にもいかないわけで、でも大手や中堅は逃げるわけで、それでも火中の栗を拾うトコロがあるならば、現在の制度下であれば一定の存在意義を認めてもいいんじゃないかと思っている次第です。
監査の失敗の最たるものは「粉飾による上場会社の突然死」だと思っておりまして(死屍累々になりますから)、たとえ適正意見が出ているとして死相も素人目にわかりやすく出ているのであれば(死期報の冒頭にあるような)、まだマシなんじゃないかと思ってしまうのです。
そのあたりの感覚があるがための以前のエントリーだったわけなんですが。。。(甘いんだろうなぁ)

>個人的には、もう一切の規制を廃止して、ヤクザだろうがなんだろうが出入り自由にしたほうがいいんじゃないかと思いますね。
>ほとんどの会社は投資家が寄り付かない状況。制度に依存せず、信頼は自分で勝ち取る。

自分としてもこれはこれでありなんだろうなと感じております。
自己責任を看板にしたなんでもアリというのは、上場会社にも投資家にも自助努力を求めますから。本来あるべき姿に近いのかもしれないなと。
むしろ、ここしばらくの日本の市場はこっちに近いような感覚なんですがどうなんでしょうね?(ライブドアの頃とか)

自分のブログのような存在に少しでも存在意義があるとするならば、無法地帯である市場のIRを勝手解説することで、投資家のリスク情報の選択肢の一つになることでしょうか?
反市場勢力が少なからず存在する市場だと思っていますので、いくらか存在価値はあるかなと思っているのですが、どないなもんでしょうか。

ligayaさん

まいどです。
よろしくないマネーに利用される場であることが今回の件でも指摘される結果になったわけで、自らが反社会勢力に利用されている存在であることに伴うリスクに対して、もっと敏感になってもいいと思うのですが。。。
キツイ要求しているんですかね。

監査に関しては、ここ数日いろいろな方々とお話させていただきましたが、「DD忌避」「クライアント選別」の方向性が顕著だなと。
その結果が今回の3月決算の後に出てくるのでしょうが、監査人を変更するときのルールも変更でしたよね。


8941さん(証券コードですよね?)

こんばんは。コメントありがとうございます
DDでヘマしたことによる危険からの保護ですか。。。可能性としては否定はしませんので、今後の結果しだいですね。

会計士業界を管理下にという動きについては、どうなんでしょうかねぇ。
現在はクライアントから監査報酬を頂いておりますが、「監査報酬プール制」などという動きもあるんですよね。
会計士の自主性に任せていたが、多発する会計事件を受けて、当局の管理下におくというのは、ありえる流れなんだと思うのです。
そしてそれが悪いのかといわれると、単なる会計士的立場からの反発でしかなく、証券市場にとっては望ましいんじゃないのか、そういう議論もあるだろうと思っています。
ただ、そこまでやるのであれば、会計士制度なんて廃止してしまって、CPAAOBが全部の上場会社を監査すればいいんじゃないのかなと。
最近は個別案件のところまで降りてきていますから、実質的に監査してるようなものですし。
強制捜査権持つでしょうから、よっぽど監査の実効性が上がると思いますよ。被監査会社にとってみれば、国税クラスの地獄になるでしょうが。
昨今の会計監査の現場、導入される内部統制監査の監査人協議の現場、会計士の半公務員化がもたらすであろう状況は、上場会社でお相手いただいている方々にはご想像いただけるのかなと思うのですが。。。


yurakuさん

まいどです、こんばんは。

>「上場会社と黒会計士がつるんで粉飾やってるのではないか」という、よーするに会計士が悪事の片棒を担いでいると考えているところにお上の基点があるんだと思います。

「ホレ見たことか、民間に任せるとこうなるじゃないか」というお上視点ですよね。
会計士に対する金融庁検査ですが、揚げ足取りという表現は、形式面での指摘が多いというヤツでしょうか。監査調書にindexが振っていない、実施者のサインがないなどなど、形式的な不備をレビューメモとして残していくという。「監査手続を実施したなら文書化してください」コレです。
お気づきいただけると思いますが、内部統制監査で会社側へ監査人が求めている事項として似てたりしません?
決算資料について「作成者の印と日付、承認者の印と日付を付すように」「電卓入れているならチェックマークを付すように」「ヒアリングを実施したならヒアリングメモを残すように」などなど。。。
 金融庁検査→内部統制監査→経営者評価
という一連の流れがあるように思っています。
内部統制監査については金融庁検査で厳しいことを言わない、とFSA本体かCPAAOBがお達しを出せば、今回の内部統制対応の水準は相当程度楽になると感じているわけですがいかがでしょうか。

証券市場を取り巻くプレイヤーを考えてみたのですが、

 金融庁 → SESC → 取引所
  ↓
 CPAAOB
  ↓
 会計士

本当はもっと会計士と取引所が連携をとって、お上と伍していかないといけないのでしょうが、なんか連携はないですよね。
放っておくと、どちらも当局の支配下になってしまうような気がしてます。共倒れというヤツで。

>私の中で最大の問題と考えているのは、
>こういう類の会社を上場させたままにしている、
>そんな場を提供している存在なんですけども。

じゃあ、どうすればいいんです?

最初からおかしな会社ばかりと言うわけでもなし、ちょっとおかしいから出て行って下さいという訳にも行かないでしょう。
線を引くのも難しいし、取引所は警察じゃない。
今だって、追い出すのに相当苦労してる節は見えると思うんですよね。

個人的には、もう一切の規制を廃止して、ヤクザだろうがなんだろうが出入り自由にしたほうがいいんじゃないかと思いますね。
ほとんどの会社は投資家が寄り付かない状況。制度に依存せず、信頼は自分で勝ち取る。

「上場会社と黒会計士がつるんで粉飾やってるのではないか」という、よーするに会計士が悪事の片棒を担いでいると考えているところにお上の基点があるんだと思います。
前の会社で一時期一緒に仕事してた公認会計士が昔、「レビュー受けたけど、揚げ足取りな指摘事項ばかりで時間の無駄だった」とか話してたのを思い出しました。彼は会計士が会計士をレビューするということ自体にネガティブでした。
ライブドアだのカネボウだのが起きた手前、お上の目線では、会計士性悪説(=粉飾が行われるのは黒会計士のせい)なのでしょう。いや、黒会計士はザルなだけで、粉飾してるのは経営者であり会社なんですがw 監査証明出してるんだから、経営者と同程度の責任を負わせようという話かと。(そもそも、そんなに監査先の内情に精通できてない会計士のほうが多いと思いますが)
取引所については、名証には少なくともSECがケチをつけたので、問題意識はあるんじゃないかと思っているのですが、日興やIHIにはアマアマな東証には同じことは出来ないでしょうねえ。そんなことをすれば日本の証券市場全体の信頼が失われるという政治的理由で。

初めまして 会計についても 内部統制についても全く素人ですが・・。
 参考の会計士逮捕の記事から その裏にライブドア事件の
 野口さんの 自殺の怪を連想してしまうのは 私だけでしょうか
 現実は公認会計士vs特捜検察の図式かも知れませんが
 その裏に 逮捕された会計士の保護目的が有るように個人的には感じます。
 本質的にはICF事件に関わる裏の方々とその資金ルートの解体が目的で有って
 この事件を持って 会計士事態を管理下に置くとか
 そんな 意図は無いのではと思いますけどね・・。
 まあ・・会計士界隈でどんな事が起こっているか私には解らないので
 かなり 的はずれな書き込みかも知れませんが・・。
 今後も更新を楽しみにしていますので
 海に浮くなどの物騒な事が無いようにご自愛下さい。
 最後に取引所はご指摘通りだと感じます。
 いかんせ 官僚体質ですから 不作為の悪意を感じます。

>私の中で最大の問題と考えているのは、
>こういう類の会社を上場させたままにしている、
>そんな場を提供している存在なんですけども。


激しく同感です。
グレーはOK,クロもOK,真っクロだけはOUT
という感覚なんでしょうかね?
監査を取り巻く環境は荒れるでしょうね。。。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする


公認会計士vs特捜検察


 凄い本である。小説ではなく、ドキュメンタリーなのだが、大長編の告白文といってもよいだろう。 一部上場会社だったシロアリ駆除会社「キャッツ」の役員三人による、株価操縦・粉飾決算などの特別背任罪が、いつのまにか著者である公認会計士の、有価証券虚偽記載罪に...


田中公認会計士の逮捕にブロガーの機能を思う


i-cfの大阪第一企画買収をめぐって、デューデリを担当した田中慎一公認会計士が大阪府警に逮捕されてしまい、grande さんはじめ会計士の皆さまから、会計士の職務の内容に警察が介入することに対する深い懸念表明が相次いでいる。さもありなん。同会計士はライブドアの監



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。