プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:備忘録
日本内部統制研究学会
 第1回公開シンポジウム

2008/1/21
内部統制と企業不正」

ちょうど東京におりましたので参加してました。
気になった箇所だけメモしていたので、
備忘録代わりということで。
(記憶が定かではない箇所がありますので、
 100%正確かと言われますと。。。)

基調講演についてはパスということにして、
記念講演から入りますね。

会長の川北博教授により、
内部統制と社会的公正」というテーマにて。
5つほど内部統制に関する疑問を提起されておりました。

・会社法と金商法の関係
(会社法は整備だけか運用まで含むのか
 スキマになっている箇所はないか)

・USSOXの対象会社との関係
(ダイレクトレポーティングは税務調査のようなもの
 日本は「会社の意見」がまずありき)

・国際的調和の観点
内部統制についてもコンバージェンスがありえるか)

内部統制監査の観点

・二極化現象
(大手監査法人と中小監査法人
 大手上場企業と中小上場企業)


つづいてパネル討論会ですが、
「内部統制と企業不正」というテーマにて。

金融庁の三井秀範課長の冒頭の話では、
・合理的な水準でディスクロージャー違反を防ぐのが趣旨
・「もし自分が粉飾するなら」という観点で経営者が評価して欲しい
・市場に評価される内部統制を構築すればよい
・確認書等の各種制度により経営者が「知らなかった」と言い訳できないように

藤沼亜起前JICPA会長の冒頭の話では、
・当初は経営者がリスクと考えるところを範囲とし、徐々に拡大でよいのではないか
・重要な欠陥がない会社などないのではないか(IHIの事例などからも)
・会計上の見積りが介在するところは基本的に危ない

鳥飼重和弁護士の冒頭の話では、
・内部統制システム構築義務は存在するが、義務違反で罰せられた例は現在のところ少ない
・「IT化」「文書化」など、自分達でハードルを上げてしまっているのではないか
・監査人は結果責任を負わないで済むよう、文書化を要請しているのではないか
・監査役監査基準についてはCOSOベースであるため相当厳しい水準になっている

甘粕潔専務理事の冒頭の話では、
・最近はステークホルダーが主観的に欺かれたと思う行為が不正とされているのではないか
・トップは社内的に不正を定義づけておくべきである
・「資産の不正流用」「不正な報告(財務報告含む)」「贈収賄・汚職」といった不正の類型
・「重大な虚偽の発言・記録」「本人は虚偽の事実を知っている」「他者が発言や記録を信頼している」「他者に損害が生じる」という要素

その他印象に残ったのは、
・「不正は発見するものではなく、防止・抑止するものである」
(防止とは内部牽制などの仕組み、抑止とは心への訴求)
・不祥事の範囲が拡大しているのではないか
(刑罰法規違反から社内法規違反へ)
・内部統制評価については定型的にできるものとは想定していない
(「画一的に定めることができない」「個々の会社で異なるものである」という基本理念が基準にはある)
・日本では上場会社に一律適用であることについて
(「日本ではアメリカと異なり上場会社だけである」「上場会社に貴賎はない」「むしろ上場時には整備されていたはずであり、上場後の更新を疎かにしている結果ではないか」)

こんなところですかね。





途中で船漕いだので、記憶が定かではない部分が。
徹夜明けでいくからこうなる。。。
スポンサーサイト

タグ : 内部統制

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。