プロフィール

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:反市場勢力
1/1の年始に今年の流行語予測をしたわけですが、
別に「ティンときた!」キーワードがありましたので、
そっちに変更したいなぁ、と思った次第でして。

「反市場勢力」

これにします、やっぱり。


「反社会勢力」(「反社会的勢力」)
という単語は相当メジャーになった感があります。
会社法の内部統制決議のほうで織り込んでくれと、
昨年は当局のほうから要請があったぐらいですから。

一方の「反市場勢力」ですが、
ググったところではっきり言いまして、
そのものズバリのヒットはほとんどありません。
ipo119さんが昨年にエントリーされた、
「IPO審査における反市場的勢力排除!?」
がヒットするぐらいですかね。

IPO審査における「要注意投資家」
といったニュアンスのご様子ですが。。。
どうせまだ定義が流動的でしょうから、
勝手に定義づけてしまおうかしらと。


端的に言ってしまえば、
「市場に仇なす輩」
ということでよろしいんじゃないでしょうかね?
反社会勢力と同義という意味ではなく、
反社会勢力で市場を利用している場合には、
オーバーラップしているという関係で。

・株式売買等で事件を起こした人
・株式市場を荒らす投資家
という括りだけでは足りないでしょうね、
この言葉の持つ響きからしましたら。
反市場勢力は「投資家サイド」だけではないと考えます。

・ふざけたファイナンスをする会社(いわゆる株券印刷業)
・IPOとMBO(株式交換・TOB可)のあわせ技を使う会社
・そもそも適時開示できていない会社
・どーでもいいことを適時開示しすぎの会社
・決算がまともに組めていない会社
・グレーな会計処理で突っ走る会社
・インサイダー風味の会社
などなど

「会社サイド」は当然ながらはずせませんでしょ?
後は「取引所サイド」と「監査人サイド」も含む概念なんでしょうけど、
こちらは例示列挙するとシバかれそうなので自粛しておきます。

やっぱり「市場に仇なす輩」というニュアンスで、
いくらかキレイな言葉にした感じですかね。


個人的に感じたことですが、
財務報告に係る内部統制の作業については、
「会社が反市場勢力にならないための仕組み作り」
そう感じたのですがどうでしょうか。

「上場会社の品格」という問題とあわせて、
なかなか興味深く感じた次第であります。

スポンサーサイト
Comment

反市場的勢力と反社会的勢力はかつてはオーバーラップしていましたが、最近の反市場的勢力は国際弁護士だったり、稼げていない会計士だったり。サムライ業関係の暴力団とは関係ないが著しくモラルにかける人たちが出現してきました。バックがないのでいずれ山に埋められてしまう人たちだろう事は容易に想像が付きますね。金はもってますから。

市場では暴力団も投資しています。損した暴力団が落ち度のある人たちから金銭を奪い取ろうとするのは自然の流れ。弱肉強食のサバンナでは脅すのではなく、奪って埋められます。脅せば恐喝で挙げらるが、埋めてしまえばまずばれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。