fc2ブログ

プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:会計ネタ
最近XBRLなるもののセミナーに出てきたわけですが、そういえば来年からEDINETで導入ということで。

XBRLとはなんぞや? という方はまだ多いんですかね?
ウチでは今更説明はしませんので、適当にググっていただければ。

「各社で使用する勘定科目について、監査人と協議しておくほうがよいです。」
という話が聞こえてきたので、集中してみたわけですが。

・2008年4月1日以降開始事業年度から制度開始で3月決算なら1Qが最初の対象
・年度決算についてはニ期間比較が必要
・使用する勘定科目については金融庁が1月に出す模様
・2008年3月期と2009年3月期の表示の整合性を担保するためには2008年3月期決算の段階で使用する勘定科目の調整をしたほうが無難

「A群科目」「B群科目」だとか、「インスタンス文書」「タクソノミー」など、聞きなれない言葉も多いわけですが、これまたもう半年後の話じゃないですかと。
宝印刷やプロネクサスがなんとかしてくれるんだと思っていたのですが、各社で使用している勘定科目を標準化する作業があるとかなんとかで、少しは会社側でも意識しないといけないご様子でした。


そんなことを聞きながら、「内部統制評価制度」「四半期報告書」「確認書制度」とかいろいろあるんだけどなぁと思ったわけでして。。。
適当に絵にしてみましたら、下のような感じになったんですけど、どないなもんでしょうか?


200803image



いろんな意味でヤバイスケジュールのような気がするのですが。。。

来年の5月~7月が経理の方は地獄じゃないかと。
(内部統制にも噛んでいたらもうどうなることか)

決算・財務報告プロセスの期末試行なんて、事実上不可能じゃないかと。
今回の半期決算と第3四半期を対象とした試行をしておくのが懸命ではないでしょうか。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする


XBRLとは?


金融庁が7月9日より財務報告のXBRL化に伴う「パイロット・プログラム」(=パイロット運用)を開始したことにより、「XBRLとは何だ!?」という質問を何件か頂きましたので、以下XBRLについてまとめました。御参考までに。 ■XBRLとは XBRL(Extensible Busines...



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ