プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キニナル
ニューシティ・レジデンス投資法人

投資主総会







ヒマじゃなかったけれども行ってきましたよ。
徹夜してそのまま乗り込んだような状態、
この時期のこの職業はしんどいですなぁ。。。

さて、実際の現場ですが、
カメラ撮影していたり、その後ろになんか関係者っぽいのがいっぱいいたりと、
不思議な空間が広がっていましたね。

アライさんが一人で喋っていましたが、
なんかのらりくらりとかわしている雰囲気ぷんぷん。

「補欠執行役員を壇上にあげよ」
「申立の弁護士先生を壇上にあげよ」

といった要求に対して、

「不要と議長の私が考えています」

と答える様とか、見ていてもうね。

投資主に選ばれたアライさん、
いったい誰の為に動いているのやら(苦笑)
民事再生の最中でも月給100万貰ってると明言してましたから、
まぁ、そういうことでしょうなぁ。


記憶に残っている点

・別除権者との調整がうまくいっていない
⇒再生計画に別除権物件からの収益も含めているらしい
⇒それに対して反発があるらしく調整中とか

・ローンスターの第三者割当
⇒いきなり2/3の大口が登場することに
⇒出せるキャッシュと必要投資口数から払込金額でも出しましたか?
⇒いや、上場廃止時の価格を意識しましたか(笑)

・ローンスターのTOB価格
⇒ええ、これの判断材料がありまへんな
⇒Bidでしかないでしょうに、投資主側の判断材料がないという
⇒招集通知には「再生計画の数値」「事業継続B/S」「清算B/S」すらない状態
⇒上場廃止前に拾った人は儲かりますけどねぇ

・なんで今日決議に拘ってるの?
⇒2月のF/Sが5月末ぐらいに来るらしい
⇒でも延会なしで決議は今日じゃないとダメだという
⇒なぜ2週間が待てないのか???
⇒今回参加して一番気持ち悪かったのはココでしたね
⇒個人的に情報格差を利用されている?という疑念



ええ、5月末にくるというF/Sを楽しみにしております。
上場廃止から再上場までを一つのスキームとみてますので、
再上場してくるようなら、このあたりもSESC案件になってくるのかしら?

・延会の集計に時間がかかってたアレ
・過半数からの拍手のアレ

ビデオ撮ってたんだから、後からなくしましたとか言うなよ(笑)

TOBには応募せずに、顛末を見守ってみますかね。
ローンスターを見ながら、ハゲタカ手法の勉強をば。
スポンサーサイト
Comment

>>yurakuさん
おはようございます。重ね重ね放置モードすみません。。。
「色々な意味で」事の顛末を追いかけていきたいなぁ、と思っている次第であります。
上場廃止はガバナンス崩壊のトリガーというのは、ほぼ間違いないでしょうねぇ。
倒産にせよ、MBOにせよ、上場廃止基準抵触にせよ。
あ、崩壊しているからそのような事態に陥るのかもしれませんね。

>>やまさん
おはようございます。お返事が遅くなりまして。。。
NCRは強引に進めようとしていますね。今のところ興味があるのは、「TOBに応募する」「再上場に賭ける」のどちらが結果的に得になるか、の事後検証です。
TOB価格自体が安いという印象はあるのです、が再上場時点で相当希薄化されてしまっていてもおかしくないなとも思っているんですよね。
REITの特性からして、長期保有前提の方々も多かったと見受けまして、上場廃止時点の価格を基準にするのはどうなのかなぁという印象はありました。

すごいレポートありがとです。
期待通り(?)の悪辣ぶりが目に浮かびます。
投資法人を民事再生させたCBREレジデンシャルらしい、疑惑の総合デパートみたいな総会ですね。

株もそうですが、上場廃止になるととたんに経営側のやりたい放題になる法則があると思います。何のガバナンスもありませんな。

ども、ども。

NCRの件やはり弁護士が強引に進めようとしていますね。
法的整理の前には少数権利者なんて何の力もないですから、こういうことになるだろうと予想していました。
しかも上場廃止時より高値で買い取るんだから、ありがたく思えという態度には多くの投資主が反発していることでしょう。

これが破綻REIT処理の前例になりますから、今後も成り行きを書き込んでもらえると参考になりありがたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。