プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:トレンド
isologue

2009/3/27
「「あやしいファイナンス」の見分け方」

もうそろそろいいかしら?





磯崎センセがお書きになられているならば、
もう大丈夫でしょうね(笑)

2009/3/28
「「箱」企業のお勉強」

自分もCPEは余裕だったんですが、
内容に釣られてフラフラと。


ウチのブログをご訪問いただく方に向けて、
クリティカルなネタをご提供するとすれば、
「P.O.BOX957 Tortola B.V.I.」
というキーワードですかね。

・P.O.BOX957
私書箱です。

・Tortola
トルトラです。
B.V.I.のメイン島です。

・B.V.I.
「British Virgin Islands」の略です。


実際には、
「P.O.Box 957, Offshore Incorporations Centre, Road Town, Tortola, British Virgin Islands」
だったりするので、検索の際にはご注意を。

EDINETで検索する際には、
・P.O.Box 957
・Tortola (or トルトラ)
・British Virgin Islands (or B.V.I. 英領バージン 英領ヴァージン)
を全文検索の検索キーワードに入れればある程度出てきます。
ただ、英語表記と日本語表記、半角と全角の違いなんかもありますので、
いろいろ組み合わせなければ、全貌は掴めないかと思います。


講師の方いわく、
「B.V.I.で80%アウト」
「P.O.Box 957までいくと120%アウト」

講師の方はココの偉い方でしたので、
ええ、結果的に当局に目を付けられてる会社群になりますわな。

最近騒がれているところでもないらしく、
2年前から同様の趣旨で話はしていると仰ってました。

2008/9/10
特別公演「インサイダー取引に対する証券取引等監視委員会の対応」

これの6/16あたりからがとても興味深い内容であります。

>>
こうしたタックスヘイブン、オフショア金融センターに籍を置くSPCなどに対する第三者割当増資、これについては非常に懸念を持っています。
>>
>>
英領バージン諸島については、例えば本人確認が甘いなど、依然として金融規制が緩いということで問題があろうと認識しております。
>>

これが全てなんだろうなと。


ということで今後のトレンドとして要注意なのは、
「不公正ファイナンス」
ということになってこようかと思います。
特に、海外オフショアSPCに対するダイリュージョンなものでしょうか。
(結果的に黒目の外人が出てくること多し)

時価総額基準や不適切な会計処理といったレベルを超えた、
事件性のある事案が出てきても、不思議ではない状況になってきています。

2009/3/4
「ジャルコ 雉も鳴かずば撃たれまい・・・」

なんか色々と書いたエントリーでしたが、
そういう観点から怖い事案だったんですよね。

>>
やったもん勝ちとか、見逃してもらえるだろうとか、
そういうレベルじゃなくなっていると思うんです。

結果的に見せしめになってしまっても、
まぁ、さもありなん。。。
>>

ええ、そういう意図で書きました。(ネタバレ)


マクロトレンドとしては、
「II-D-2-a. 不適切な新株発行、支配権の移動を生じさせ得る第三者割当、株式併合およびその他の手続きを通じた、既存株主の価値・議決権の希釈化。」
という米国政府からの要望はそのまま生きている印象ですねぇ。
スポンサーサイト
Comment

>>矢さん
マイドです。
ここについてはグルという認識みたいですね。アレンジャーとかいろいろ表現でてましたから、結構調べていると思いますよ。
http://www.nhk.or.jp/news/t10015373741000.html
とかでてきましたから、不公正ファイナンスについては本腰入ってきたような印象があります。

当局はグルだと言う認識なんですかねえ
私はただザルなんだと思ってたんですが

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。