プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:監査ネタ
ウィングパートナーズ

2009/2/18
「金融庁、公認会計士・監査審査会よりの検査結果通知書の受領について」






なんだかんだでここのレスポンスは早い。

>>
公認会計士・監査審査会の検査は平成20年10月末~12月末にかけて実施されました。
>>

その処分が2月17日発表だったということですね。
ということは、CPAAOBが入ってから4ヶ月ぐらいが一区切りと。

>>
結果を集約しますと、金融庁、公認会計士・監査審査会のHPに記載されているとおり、主として以下のようになります。

(1)監査法人としての組織的な業務運営が行われていない。
(2)監査業務の実施についてリスクアプローチが不十分であること
(3)監査業務に係る審査体制が不適切であること
(4)日本公認会計士協会の品質管理レビューの指摘事項に対する改善の取り組みが不十分であること
>>

基本的には要約されてます。

ただ、
・会計上の見積り
・継続企業の前提
・経営者確認書
の箇所については気になるな。。。

(2)でまとめていい内容なのか。。。
う~~~ん。

>>
(1)最高責任者である代表社員自らが品質管理責任者として、その改善諸策の実施に対する主導的役割を果たすこと
(2)品質管理の十分性・改善状況をモリタリングする部門を設置し個々の業務の点検機能を強化すること
(3)個々の監査従事者の能力を向上させるための研修制度を充実させること及び実務経験を備えた有能な人材を補充してゆくこと
>>

モリタリングは原文ママです。
モニタリングのことでしょうが。

今後の方向性までリリースするあたりは、
意識してるなという印象。

>>
今後1年間で今回の検査結果で指摘された事項すべて改善することとし、その後1年間でその運用状況をモニタリングしながら品質管理体制をさらに完璧なものにしてゆく所存
>>

この結果、クライアントにどう跳ね返ってくるのか?

WPが「不表明」ではなく「不適正」まで出すようならば、
変化の兆しということになりますかね?


さて、やまさんからご指摘を頂いている件について。

CPAAOBの勧告を受けての金融庁処分のタイミングですが、
はっきりいって知りません、が参考事例を提示。

監査法人夏目事務所の件ですね。

2008/4/16 CPAAOB
「監査法人夏目事務所に対する検査結果に基づく勧告について」

2008/4/30 FSA
「監査法人に対する処分等について」

直近事例はこれになりますが、
2週間だったようです。
スポンサーサイト
Comment

>>やまさん
こんにちはです、マイドです。
処分については開けてみないとなんとも。
ぶっちゃけ、WPのクライアントとか、難民になったとしても。。。
トヨタとかソニーが難民になるのとは、レベルが違いますし、大勢には影響ないなと思うようになってきました。

JICPAからの会員資格停止となってますが、あれ自体は大した話ではないので。
金融庁からの処分次第ですが、こちらがどうなるかということです。
で、まだ出ておりませんので、今のところは嵐の前の静けさと。

grandeさん私のコメントについてエントリーしていただきありがとうございます。

そうですか2週間くらいで決まるのですね、もし処分が業務改善命令くらいなら監査企業の難民化は防げるのでしょう。
まあ難民化はふせげても厳しい状況に追いやられるのは目に見えてますが・・・

ところでWPの見解として
>最高責任者である代表社員自らが品質管理責任者として、その改善諸策の実施に対する主導的役割を果たすこと
と書いてありますが最高責任者ってCPAから会員資格停止中ですよね、それで主導的役割を果たすことができるのでしょうか。
あれ?金融庁からはあの件についてまだ処分がされてない?
うーん、追い詰められていますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。