プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:監査ネタ
CPAAOB

2009/2/17
「監査法人ウィングパートナーズに対する検査結果に基づく勧告について」

繰り返しですけれど、
ペンタくんのアレとは違います。
A先生とY先生それぞれ個人に対するものではなく、
WPに対する金融庁検査の結果ということです。





この内容は読んでおかないといけない。


>>
監査法人ウィングパートナーズを検査した結果、以下のとおり問題がみられ、当該監査法人の運営は著しく不当なものと認められる。
>>

これは定型文なので気にせずに。
大手の処分の時も同じ文言ですから。


>>
1.品質管理のシステムについては、組織的に整備を図るという最高責任者等の意識が希薄となっており、また、内部規程の整備及び周知が不十分であること、監査業務における責任の分担が不明確であり、監査補助者に対する十分な指示、指導及び監督が行われていないこと、品質管理のシステムの監視が実施されていないことなど、監査法人としての組織的な業務運営が行われていない。
また、法定の提出書類について、事実と異なる記載を行っているものや、提出を失念しているものがみられるなど、法令等遵守態勢は不十分である。
>>

・組織的に整備を図るという最高責任者等の意識が希薄
・監査法人としての組織的な業務運営が行われていない
>・内部規程の整備及び周知が不十分
>・監査業務における責任の分担が不明確
>・監査補助者に対する十分な指示、指導及び監督が行われていない
>・品質管理のシステムの監視が実施されていない

これらの指摘の意味としては、
組織的監査体制がないということですから、
WPはA先生の個人事務所が大きくなったものという理解ですな。

・法定の提出書類について、事実と異なる記載を行っている
・提出を失念しているものがみられる

内容的な問題としてはこちらの二つのほうが大きいです。


>>
2.監査業務の実施については、リスク・アプローチに基づいた監査計画を策定せず、売上、会計上の見積り及び継続企業の前提に関する監査などが著しく不十分であり、経営者確認書を入手していないほか、審査も受審せずに監査意見を表明している監査業務など、監査の基準に準拠した監査手続が行われていない監査業務が広範にみられる。
>>

・売上、会計上の見積り及び継続企業の前提に関する監査などが著しく不十分
・経営者確認書を入手していない
・審査も受審せずに監査意見を表明している監査業務
・監査の基準に準拠した監査手続が行われていない監査業務

ここで衝撃的な内容としては、
・会計上の見積り
・継続企業の前提
・経営者確認書

特に経営者確認書。


>>
3.監査業務に係る審査については、実施すべき手続や検討すべき事項に関する審査担当者及び業務執行社員の理解が不足しているため、監査計画に関する審査を実施していない監査業務があるほか、会計上の見積り及び継続企業の前提など重要な判断に関して実施した監査手続が著しく不十分であることを看過しているなど、審査態勢は極めて不適切である。
>>

「審査態勢は極めて不適切である」

これが全て。


>>
4.日本公認会計士協会の品質管理レビューの指摘事項について、法人として組織的に改善を図るという最高責任者等の意識が欠如していることから、具体的な対応策の策定及びその実施を監査実施者任せとし、その改善状況を確認しておらず、今回の検査において、未改善又は改善が不十分なものが多数みられており、改善の取組みが著しく不十分である。
>>

・改善の取組みが著しく不十分
>・具体的な対応策の策定及びその実施を監査実施者任せ
>・改善状況を確認しておらず
>・未改善又は改善が不十分なものが多数みられており

放置プレイしていたということに。。。



さて、一通り読んでの感想ですが、
さすがウィング
他法人と比べても、なかなかな記載が多いです。

・組織的監査を前提とする監査法人による監査
・属人的監査を前提とする個人事務所による監査
今回の件に対する個人的な見方ですが、
A先生の会計事務所がおっきくなってしまった、
そんな印象が強いです。

とはいえ、中身的には結構なものがありますから、
引っ掛かる可能性はゼロではないでしょうねぇ。。。

また、他法人であれば、クライアントが異動しかねない内容ですが、
ここのクライアントですもの、いまさら異動は起きないでしょう。

勧告を受けての金融庁の処分ですが、
それがどの程度の重さになるのかが注目です。
業務停止なんぞが出てくるとすれば、
タイミング的に年度末にぶつかるリスクが高い。。。
なんか不気味。
スポンサーサイト
Comment

>>hatさん
コメントありがとうございます。
自爆モードかもしれないというのは同意です。
接待攻勢の箇所は不知なのでなんともいえませんが、色々調査している方がいるらしいという話は聞きます。
(事実であれば格好のネタですから表沙汰になってくるハズなんですが)
「意見不表明」については、あれはあれでアリと思っております。
「(監査を)引き受けない勇気」と「トドメを刺す勇気」のどっちもありでしょうからね。
ただ、根本で最近のトレンドからズレつつあるのも事実。
最近はWPに対して、
「自重しない監査法人」
「騙される監査法人」
という見解を持っています。
このあたりまとめて、エントリーしたいなとは思ってます。

いつかはこうなると・・

まあクオンツとかもでたらめやってたらしいですからね。山田社長とマカオに行って接待攻勢があったとかなかったとか。だけどやばくなったら監査意見差し控え・・ こんなのは氷山の一角でしょうが、まあ自業自得では。AさんもYさんももっと良識派の方だと思っていましたが残念です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。