プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キニナル
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン<4296>

2008/7/1
「商標権(取得)に関するお知らせ」

バイ・デザイン・マーケティングの設立は、
2008/3/12ということで。
「byd:sign」ブランドの取得は、
2008/1/31ということで。
半年近く前の件を今更にIRしているわけです。

そしてそのバイ・デザインからは、
2008/7/1
「他社発表資料での当社に関する記載について」

>>
6月25日に発表されたヘラクレス上場企業の有価証券報告書に、
バイ・デザイン株式会社の事業譲渡についての記載がございましたが、
当該事項につきまして、事実ではございません。
>>

矢さん、情報提供ありがとうです。

事業譲渡は否定していますが、
商標権の譲渡は否定していないという理解でOKですかね?

てっきり「流動資産」+「商標権」で営業譲渡したと理解してましたが、
実際のところは「流動資産」と「商標権」は別個の取引ということですかね。

それはともかく、ゼンテックの有価証券報告書がピンチです。
1つ目は71/120の箇所にある「2.重要な非資金取引の内容」ですね。

>>
(1)売掛金、短期貸付金及び未収入金の代物弁済による事業譲受により増加した資産の主な内訳
>>

2つ目は79/120の箇所にある「企業結合等関係」です。


これらの箇所が、相手方から事実ではないという指摘を受けたわけですか。

で、どないなりますのん、といわれますと、
キャッシュ・フロー計算書や注記がどうしたというよりも、
直感的に「のれん」が危ない印象。

のれんが発生する事象というのはあまりないと理解してますので、
その前提が崩れている可能性がある。

「流動資産」「商標権」をセットにして事業と定義づけ、
それに事業譲渡の契約書を用意して、
バリュエーションの証明書も揃えておけば、
対価の方が大きいような取引事象であっても、
経済的実態が取引ではなく、企業結合の類とされて、
「損失」ではなく「のれん」と処理できる余地が生まれるわけで。

しかしながら、今回の指摘でこの前提部分が崩れるなら、
経済的実態として単なる取引になる可能性があるわけで、
そうなると「のれん」が。。。
ここのロジックの再構築は要注目です。


正直なところ、UBSがいるわけですし、
まだ変な筋が株主側にもでてきてないですし、
時価総額を担保に株券印刷がバリバリできると踏んで、
紙くずリスクは低いと判断していたわけですが、
今回のコレの発生によって状況一変です。

今のゼンテックはここ1年で一番ヤバイ

虚偽記載による上場廃止リスクもありますが、
資金繰りがしんどくなっての紙くずリスクも捨てられない、
これらが解消するまではアンタッチャブル確定。

ごたごたするようならば、
水面下で動いていたはずのリファイナンスも止まるでしょうし、
しばらくの間は資金繰りリスクが半端なく高いという認識です。
さらに社長が株を売って貸し付けるというスキームも、
S安ではさすがに効果がないわけですから、大変な状況。

続きを読む »

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:内部統制ネタ
かんなん丸<7585>

2008/6/30
「売上代金流失の調査結果について」

とりあえずなんか数字がおかしい
 ↓
やっぱり売上代金がおかしかった
 ↓
社内調査開始
 ↓
費用勘定のほうもおかしかった

費用関係は架空費用でしょうねぇ。
人件費とか、水道光熱費とか、
やろうと思えばできるところですし。

飲食店ですか。。。
現金ニコニコ商売ですから、
売上代金抜くのは当然に検討されるべきリスクですわな。

会社法のコンプラ面から、
株主質問がとんでもおかしくない内容。
DATE: CATEGORY:キニナル
6月30日の5分足を眺めながら、
なんだかなぁと思った3銘柄。


1 ゼンテック・テクノロジー・ジャパン

私が前回セミナーしたのが6/7でしたから、
前日終値69,400から見ると。。。
一本調子じゃないですか。
ずいぶん下がりましたねぇ。
正直4万円台を割るとは思いませんでしたが、
社長の売り→会社貸付→リファイナンス?→返済?
というスキームを考えると、さもありなん。


2 日本ハウズイング

あらあら、まぁまぁ。
スタートはS安からのご様子。
プレミアムが剥がれていきます。
どんどんしこり玉作りながら、
下落基調を描くチャートですよねぇ。
700円水準割るかが勝負どころでしょうか。
ただ、今回の焦土状態を考えると、
500円台で買いたい気持ちがありますね。


3 ランドコム

デイトレ日和であります。
持ち越しは怖い怖い。
大量保有報告書を眺めると、
社長がガンガン売っているようですし。

DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
ラ・パルレ<4357>
「会計監査人の異動に関するお知らせ」
 新日本 → 不在
見つからないのは相当減点。


三井物産<8031>
「移転価格税制に基づく更正通知の受領について」
三菱商事<8058>
「豪州エネルギー事業グループ関係会社群との取引に係る更正通知受領について」
商事と物産の両方です。
国税局がとりあえず除斥期限到来前に押さえにきただけ。
協議がまだ終わらないとか、なっがいなぁ。。。


オー・エイチ・ティー<6726>
「会計監査人の異動に関するお知らせ」
「平成20年4月期計算書類に対する監査意見不表明について」
 創研合同 → ウィングパートナーズ
また大物ゲットですねぇ。。。
GC注記関係で意見不表明とのことですが、
よくないコンボです、これは。
単なる意見不表明とはレベルが違うんですよねぇ。


中京銀行<8530>
「債権の取立不能のおそれに関するお知らせ」
愛松建設株式会社が民事再生法により、
貸出金15億円がピンチ。
保全なしが約5億円程度。


オックスホールディングス<2350>
「改善報告書の提出について」
コンプライアンスの報告ラインについて、
簡単な会社であれば参考にできるでしょうねぇ。


バナーズ<3011>
「債務超過解消による猶予期間の解除のお知らせ」
この会社もどうなってしまうんでしょうねぇ。


エーティーエルシステムズ<4663>
「公認会計士等の異動に関するお知らせ」
「代表者の異動及び取締役の辞任に関するお知らせ」
 新日本 → アスカ
>>
監査報酬の見積額が前年比で大幅な増額となる旨の連絡を受けており、同会計年度における当社の収益見通しが非常に厳しいことを鑑み、費用対効果を総合的に判断した結果
>>
監査報酬を販管費でおとすのやめようか?
税金のさらに後にすれば・・・



続きを読む »


copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。