プロフィール

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:会計ネタ
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン<4296>

岩崎さんのところの1周年パーティーに参加しながら、
なんだかんだでこのことを考えておりました。

参考資料としてはとりあえず、
・平成20年3月期 決算短信
・平成20年3月期 第3四半期
・平成20年3月期 中間決算短信

今回の決算で気になったこととしまして、
1 売掛金が思ったより増えていないこと
2 のれんが結構な額で発生していること
3 営業利益が思ったよりいいこと
この3つがあります。


で、件の「のれん」でありますが、
どういう会計処理なのかなぁと。

この「のれん」が連結調整勘定の類ではないのは確実で、
個別のほうで発生しているはずなんです。
(バイ・デザイン・マーティングの連結は無関係で、
 設立当初から「のれん」が発生はありえない。
 サクセスについてはそもそも連結していない。)

では「のれん」が発生するときはどんなときか考えますと、
個別決算においては「合併」などの企業再編が浮かびます、
でもそんなものはIRされていないわけで、該当なし。
そもそも、公告が必要になるものが捕捉されていないはずがない。
そこで他に発生する可能性がある会計事象としては、
営業譲受などの類ぐらいしかないわけですよ。

そこで気がつくのが商標権というやつでして、
こいつ絡みなんだろうなぁと思わざるをえない。
そこにさらにうっち~さんの某掲示板の指摘を受けてみると、
例のバイデザインの商標権をゼンテックが取得しているわけで、
この関係である可能性は捨てきれないだろうなと。
ということで、ゼンテックが「どこからか(バイデザインかもしれない)」
バイデザインの商標権などを含めていろいろ営業譲受を行った、
というのを前提に以下は話を進めていこうかなと。

先ほどのエントリーでも挙げましたが、
連結キャッシュ・フロー注記の非資金取引の固定資産の金額と、
のれん+商標権の増分と思われる金額がほぼ一致していることから、
当該営業譲受は資金を対価とせずになされたと推測されます。

その場合の会計処理としまして、

(流動資産「売掛金?たな卸資産?)18億円/??? 33億円
のれん *約12億円
商標権 約3億円

こんな仕訳が想定されるわけです。

(※のれんの約12億円の計算
  当期末残高-前期末残高+前期償却額
  1,376M-245M+81M=1,212M
  前期分ののれんの償却額と同額が当期も償却されているハズ。
  となると、今期発生のれんの償却額は。。。
  当期償却額-前期償却額
  92M-81M=11M
  先ほどの1,212Mは償却後なので12M加算して1,224Mが当初発生か?
  仮に1,224Mとした場合の1ヶ月当たり償却額は、
  5年償却 1,224M/5y/12m=20M
  20年償却 1,224M/20y/12m=5M
  計上した以上は無償却ではないでしょうから、
  はてさて何年でやってるんでしょうか?)

流動資産の項目がいったい何なのかというのは気になりますが、
それはひとまずおいておきましょうか。
とりあえず気になっているのが、貸方勘定はなんぞや?なんです。

営業譲受資産 33億円 / 対価 33億円

仕訳的に可能性としてありえるものとしては、
・資産勘定
・負債勘定
・資本勘定
・収益勘定
・費用勘定
の5パターンしか会計上ありえません。
(簿記の基礎ですねこれは)

とりあえず可能性としてないものを排除していくと。。。

<負債勘定>
可能性的にありえるのが「短期借入金」ですが、
普通に考えたらこれに化けるとは考えずらい。。。
UBSの社債が化けた分が23億円程度存在して、
長期借入金から短期借入金へのシフトだろうなと推測。
関係会社からの短期借入金が12億円あることになってますし。
(関係会社短期借入金が貸方という可能性もある?)

<資本勘定>
株主資本等変動計算書に目をやりますと、
資本金と資本準備金が増えているわけですが、
合わせても26億程度なんですよね。
UBSのワラントについては、
3月末時点での未行使残存額については、
2008/4/2のIRにて43億円とされてますから、
当初70億との差額が27億円存在しているわけでして、
資本勘定の増加分はMSSOの分だろうなと。

<収益勘定>
営業外収益、特別利益に30億円もないですから、
可能性としてはありえないわけです。
じゃあ売上高か? それは禁じ手すぎます。
さすがにそれに手を出していたら粉飾ですよ。

<費用勘定>
営業外費用、特別損失はさすがに使えないはず。。。
じゃあ売上原価なのか?
平成17年3月期 69.7%
平成18年3月期 70.1%
平成19年3月期 77.1%
平成20年3月期 74.0%
原価率的にはむしろまだ高い水準ですし、
30億クラスをぶつけてしまったら、
さすがに歪になるとは思うんですけどね。
とはいえ、営業利益が良すぎると感じた向きとしましては、
全額といわずとも、一部が関係している可能性については、
捨てきれないなと思っております。

<資産勘定>
第3四半期時点での個別財務諸表上、
売掛金 4,621M
売上高 5,595M
期末時点での個別財務諸表上、
売掛金 3,882M (対第3四半期  -739M)
売上高 8,412M (対第3四半期 2,817M)

売上高は増えてるんですが、
意外に回収が進んでいるわけで。。。
売掛金とかあやしげなんですけどねぇ。
矢さんが仰るところの、貸倒引当金の話にしても、
こういう形で回収がなされているから、
滞留している債権はなくなりましたとかなんとか。。。

流動資産 17億 / 対価 33億
 売掛金?      売掛金? 
 たな卸資産?    売上原価?
固定資産 15億
 のれん 12億
 商標権 3億

借方と貸方で売掛金が登場しておりますが、
相手先が異なるからありえる話ということで。
B社という存在を仮定したときに(w)、
B社に対する売掛金が、B社が保有していた外部の売掛金に化ける、
そういうことになるんですよね。
手形の裏書みたいな話ですけど。

とりあえず、推測に推測を重ねて検討してみましたが、
ありえない話じゃないような。。。
・営業利益の上方修正
・意外に増えなかった売掛金
・貸倒検討の回避
とも符合するので、個人的には辻褄が合うんですよね。。。


続きを読む »

スポンサーサイト

タグ : 反市場勢力

DATE: CATEGORY:会計ネタ
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン<4296>
さて、何事がおきているんですかね。。。


連結財務諸表
<資産>
のれん 1,376,794千円
(無形固定資産)その他 362,660千円
(前期のれんは245,792千円
 連結における無形固定資産その他の増加は
 個別における商標権に関するものと推測)
<負債>
負ののれん 3,272千円
<販売費及び一般管理費>
のれん償却額 95,789千円
(連結キャッシュ・フロー計算書より
 前期は96,595千円)
<営業外収益>
負ののれん償却額 1,453千円

連結キャッシュ・フロー注記
※2 重要な非資金取引の内容
流動資産 1,809,761千円
固定資産 1,523,125千円

会計方針注記
 のれん及び負ののれんの償却については、5~20年間の定額法により償却を行っております。
(前期は5年の定額法のみ
 会計方針の変更は?)

個別財務諸表
のれん 1,376,794千円
商標権 295,000千円
(のれんは前期は245,792千円)
のれん償却費 92,123千円
商標権償却費 5,000千円
(のれん償却費の前期は81,930千円
 計上額を考えると償却費の額は?)

会計方針注記
(のれんに関して不見当)


上記から考察したい事象
・非資金取引における流動資産と固定資産の内訳
(固定資産は「のれん+商標権」と推測
 流動資産はなんであるのか「売掛金+たな卸資産?」)
・上記取引に係る貸方勘定科目
(負債? 資本? 収益???)
・のれんの償却費の額が少額である理由
(償却年数によるものか、当期未償却によるものか?)

続きを読む »

DATE: CATEGORY:キニナル
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン<4296>

2008/5/23
「平成20年3月期 決算短信」

それでは参りましょう。

P1
とりあえずは単純な前期比較としては、
連結経営成績の箇所について、
売上高が少々の上昇に対して、
営業利益と経常利益が爆発的な伸び。
直感的には、コストが低下していると感じるわけでして、
売上原価や販売管理費の中身の比較が必要だろうなと。

連結キャッシュ・フローの箇所については、
フリー・キャッシュ・フローが終わってる印象。
利益とのアンバランスさが際立ってます。
おかしい

来期の業績見通しについては、
売上高が思ったよりも増えない予定で、
最終利益は向上する予定と。
この後出てきますが、インド案件を織り込んでないご様子で、
投資家の期待を膨らませるという意味では、
むしろこちらのほうがうまいんだろうなと。

P3
WiMAXに関連しての期ズレ(実態はあるのか?)、
戦略的投資事業に関連しての期ズレ(利益出せるのか?)、
ホントに期ズレなのか?という懐疑心はあってもいいかと。

P4
実施予定の諸施策が面白いわけで、
・ 事業分野別、地域別でのビジネスモデルの見直しと最適化
・ 事業部門及びプロジェクト単位での採算性の検証による支払条件の改善、不採算部門及びプロジェクトの廃止、不稼動資産の圧縮、余剰人員の削減若しくは再配置
・ グループ構成会社の再編
向こう一年で実施するかどうか、
確認しながらいけばいいのではないかなと。
インドのビジネスモデルを見直したら笑います。

>>
一方、その他の海外市場におきましてはグローバルにOEM/ODMを展開するメーカへの販売が中心となり、「開発期間短縮」及び「量産フェーズへの早期移行」を可能にするソリューションの提供が有効であることから、グローバルチップメーカとの共同販売体制を構築し、グローバルチップメーカの顧客の開発負担を削減するべく受託サービス若しくはSDK(System Development Kits)を供給していくことにより、量産への早期移行と移行時の受注獲得に確実につなげることにより、デジタルテレビにおける当社ソフトウェア製品の市場占有率の増大を目指します。
>>
ただでさえ読みにくい文章ですが、
「ことにより」が2回続いていることにより、
カオスになってますねぇ。

>>
収益機会を補足してまいります。
>>
捕捉じゃないかなと思うんですが、
足りないものを補うという意味であれば、
あってるんだろうなぁと。

P5
>>
(注2) インド・プロジェクトにつきましては前述の通りコンシューマ市場向けの大規模なWiMAXブロードバンドサービスの提供としては世界初の試みとなることから商用サービス開始後も当面はシステムの安定稼動を優先させること、また上述したようなWiMAX規格策定の遅れから受信端末機器の本格投入の時期が依然流動的であることから、現時点におきましては連結業績予想に含めておりません。
>>
業績予想にインドは加味していないと書いております。
ということは実現の暁には、爆発的な伸びが?!
もしくは、大して金額的影響額がないために、
織り込むまでもないとか?
そもそも事業がn・・・

注目の資金調達については、
>>
④今後の資金調達について
当社は、今後営業キャッシュフロー黒字化を経営の最優先課題として前述の諸施策を実施していきますが、営業キャッシュフロー黒字化までの暫定対応として以下の諸施策実施に向け関係各社と調整しております。
1)国内外の事業会社との資本業務提携
2)金融投資家に対する第三者割当形式でのエクイティファイナンス
3)商品在庫・投資有価証券等の資産売却
>>
1と2は似たようなレベルの話なんだろうなぁと。
3があるべき姿でしょうが、できるのか?
有価証券は含み損も結構あるので、
キャッシュ化すると赤字が増える予感。

P12~ 連結貸借対照表
単に前期末と比較するだけでは意味がないわけで、
B/Sについては敢えて半期も検討に含めます。

・現金及び預金
 前期末  4,805,599千円
 当中間末 3,562,938千円
 当期末   596,080千円
どう見てもお金がない。。。

・受取手形及び売掛金
 前期末  5,601,300千円
 当中間末 7,022,823千円
 当期末  7,481,150千円
中間末からはあまり増減ないんです。
だから下期限定で言及するのであれば、
下期はここをあまりいじってはないと推測。
とはいえ4億増えてはいるんですけどね。
貸倒引当金云々については、
滞留せずに回転さえしているのであれば、
貸倒実績率の適用だけでOKになる予感?

・たな卸資産
 前期末   541,601千円
 当中間末  973,598千円
 当期末  1,687,762千円
今回あやしい箇所その1。
営業債権の4億増加よりも大きい。

・短期貸付金
 前期末  1,273,818千円
 当中間末 1,326,909千円
 当期末  1,149,775千円
短期の割には回収が。。。

・前渡金
 前期末  183,442千円
 当中間末 780,616千円
 当期末  413,011千円
グルグルに使われやすい勘定科目ですな。
中間よりは減ってます。

・のれん
 前期末   249,458千円
 当中間末  204.827千円
 当期末  1,376,794千円
?!
第3四半期でも184,344千円しかなかったのに。
バイ・デザイン・マーケティング㈱の連結によるもの?
でも、設立ですからのれんがでるわけないですよね。。。
となると㈱サクセスの取得によるものですか?
しかし後発事象に挙がっていて、
今回の連結子会社に含まれていないわけですし。
そもそも、50万株を307円取得したところで、
総額1億5千万程度ですから、説明がつかない。
というか、3月12日のサクセスに関するIRでは、
3月28日に子会社化すると書いてある割には、
取得が4月3日にずれていたり、
みなし取得日が5月末になっていたり。
私ごときでは理解不能状態なんです。。。
とりあえず個別のほうでも同額が計上されてますから、
連結範囲に関するものではないんでしょうね。
今回のあやしい箇所その2ですな。

・ソフトウェア
 前期末  2,180,923千円
 当中間末 1,721,796千円
 当期末  2,778,844千円
今回のあやしい箇所その3。
下期だけで10億以上増えるとか。。。
(5年の定額償却のため、下期純増分だけでも10億以上は堅い)

・ソフトウェア仮勘定
 前期末  1,381,573千円
 当中間末 2,035,512千円
 当期末  2,307,507千円
ここの減少については、ソフトウェアへの振替えか、
減損会計適用による減損ぐらいです。
そういう意味では増えてるのは謎。
償却不要であることを考えると、
外注費やソフトウェアよりもさらに性質が悪いですよ。
(いわんとするニュアンスを読み取ってもらえれば)

・投資有価証券
 前期末  5,989,977千円
 当中間末 6,455,578千円
 当期末  4,545,281千円
売りましたというか、
評価減したというか、
含み損がきついというか。。。

・短期借入金
 前期末  2,352,761千円
 当中間末 4,211,566千円
 当期末  8,040,188千円
・1年以内返済予定の長期借入金
 前期末  1,020,380千円
 当中間末 1,274,566千円
 当期末  1,899,345千円
・長期借入金
 前期末  2,783,467千円
 当中間末 2,150,461千円
 当期末   884,122千円
この会社の資金調達状況がよくわかる変遷です。
長期資金が調達できず、短期資金で回転させざるをえない状況。
UBSからの借入金のおかげで、短期借入金が一気に増加ですね。
固定負債の総資産に占める割合が4%まで落ちましたか。。。

・その他有価証券評価差額金
 前期末     7,386千円
 当中間末  △413,836千円
 当期末  △1,493,842千円
売却や減損している割には、
なぜか増えていく含み損。
第3四半期よりも増えてますよ?

・為替換算調整勘定
 前期末   652,824千円
 当中間末  620,628千円
 当期末  △56,718千円
第3四半期でも698,100千円あったんですが。。。

P12~ 連結損益計算書
営業外費用が爆発的に増えているのは確認。
原価率が良くなっている理由が知りたいですが、
内訳がないからなんともできません。

P20~ 連結キャッシュ・フロー計算書
見ての通りでございます。
営業キャッシュ・フローが黒字にならない原因は?
営業債権・たな卸資産・前渡金が御三家ですかね。

P22
たな卸資産の評価方法を改めて読んだわけですが、
原価法なんですよね、ココって。
低価法が強制適用になるタイミングが楽しみです。

P23
繰延資産は均等償却の会社なんですか。
即時費用化するのが多いと思いますけど。。。

P27
借入の残り枠が減ってきてますねぇ。

財務制限条項については、半期から目新しいところなし。

P32
有価証券注記を眺めていただきますと、
・含み損がある有価証券が7億程度あること
・時価評価していない有価証券が38億程度あること
が読み取れるわけでして。
どうするどうなる。

P34
セグメントの「消去又は全社」の箇所ですが、
資産と資本的支出の箇所の金額が大きいのが気になりました。
前期と比較すると、アレ?な感じがします。
理解しきれなかったので、とりあえず記載だけしておこうかなと。

P38
重要な後発事象ですが、のれんの箇所で指摘したとおりであります。
なんかわけわからん。

P39~ 個別財務諸表
連単比較をすればよくわかりますが、
・営業債権
・たな卸資産
の結構な部分が子会社に回っております。
しかしながら、
・のれん
・ソフトウェア+(仮勘定)
については親会社の部分が多い模様。

損益計算書からは売上原価の中で、
当期製品製造原価が半分になっていることは把握。

P45
外注費が激減してますなぁ。
そしてソフトウェア償却が増加しているという。
ご存知の通り、原価計算に織り込むことによって、
ソフトウェアの費用化は一部遅れるわけですよ。
たな卸資産が増加していることと併せて考えると、
いろいろ勘ぐってみたくはなるわけでして。


とまぁ、ざっと決算短信を眺めた感じではこんなところです。

のれんが理解できないなぁ。。。
第3四半期で存在していなかったわけですから、
1月~3月の間に本体のほうで発生しているわけですよね。
プレスリリースみても、合併したとか書いてないし。。。
もすこし考えてみます。

copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。