プロフィール

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:トレンド
丸紅<8002>

2008/3/29
「3 月29 日の一連の報道について」

日付は29日ですが、
TDNETへは30日に開示されています。

フィンテックグローバル<8789>

2008/3/31
「一部報道について」

株式会社アスクレピオスを巡る事件です。

投資事業組合に関連して、
なにやらきな臭い感じに。。。

数百億円が消えるとか「ありえん」話なんですけどね。
事件関係に発展しそうなので、しばらく様子見。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:不適切な会計処理関連
ニイウス コー<2731>

2008/3/30
「平成20年6月期半期報告書提出遅延および当社株式の監理銘柄(確認中)への指定の見込みに関するお知らせ」

日曜日に出しているとは、
迂闊なことに気づくのが遅れました。

本来であれば今頃は復活の狼煙のはずでしたが、
過去の清算を2年連続必要になりそうな雰囲気です。

監理ポストということは、
信用取引は停止ですかね。
昨年末に売り禁解除されたわけですが。。。
こういうことになるとは。
DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
曙ブレーキ工業<7238>
「和解による訴訟解決のお知らせ」
子会社の曙ビーエムエスに係る訴訟が終了です。


セイヒョー<2872>
「「コンプライアンス行動規範」決議のお知らせ」
「ディスクロージャー・ポリシー設定のお知らせ」
行動規範は宣言に近いですかね。
ディスクロージャーポリシーについては、
参考になるんだろうなぁと思いました。
基本的にこういうものを開示する時点で○でしょう。


横浜丸魚<8045>
「債権の取立不能又は取立遅延のおそれに関するお知らせ」
株式会社かねと水産向け売掛債権が、
危ない状況になっている模様です。
引当の有無などは不明ですが、
さてさて、どうなることでしょうか。


三洋電機<6764>
「会計監査人の異動に関するお知らせ」
 中央青山 → あずさ
  → あずさ・太陽ASG → あずさ
過年度修正に関する部分だけ、
太陽ASGが担当する約束でしたので、
それが終わったということになります。


NECリース<8793>
「会計監査人の異動に関するお知らせ」
親子統一のためですよ。
それにしても、NECグループが全部なくなるわけで、
痛手といえば痛手ですよねぇ。


中道機械<8094>
「当社社員による不正行為に関する社内調査委員会の最終報告について」
「 過年度決算短信及び中間決算短信の訂正について」
>>
見込と実績の差が生じたことを報告したとき強く注意を受け、そのとき以降、原価見込差額を正直に報告できませんでした。
>>
なんかいろいろと書いてありますが、
原因は「当時の上司」の不適切な指導ということで。
見込みと実績なら差が出るのが当たり前で、
出ないほうがおかしいという頭は必須です。
(監査のときもそういう視点で見ているはず)
「合っているはずのないものが合っている」
という状況は、人為的操作の臭いがします。
ちなみに「管理職に対する研修」が、
改善措置の中にないのはどうなんでしょうね。


オックスホールディングス<2350>
「(訂正) 改善報告書、「第三者割当による新株式発行および自己株式処分中止の理由に関して」および「当社取締役の処分に関するお知らせ」の一部訂正について」
こ、これは。。。
でもまぁ、OXだったら仕方ないのかなぁ。
(甘いといわれそうですけど、
 そういう銘柄ですやん?)


データプレイス<3781>
「代表取締役の異動及び役員人事に関するお知らせ」
40代前半の方々が、役員のみならず、
社長にもなったといことで。


ヤマダコーポレーション<6392>
「公認会計士等の異動に関するお知らせ」
 あずさ → 青南
事務所所在地「南青山」とのことですが、
まさかそこに名前の由来があったりとか?


千年の杜<1757>
「第5回無担保転換社債型新株予約権付社債の全額株式転換に関するお知らせ」
無事転換完了、そして処分も完了と。
お見事としか言いようがないですよねぇ。
ロシア夢の島、バンザイ。
DATE: CATEGORY:監査ネタ
CPAAOB

2008/3/28
「福北監査法人に対する検査結果に基づく勧告について」

>>
法令に違反する行為が認められるほか
>>
ん???
なんだこれは?
見慣れない表記ですぞ?


>>
非監査証明業務である財務書類の調製に関する業務により継続的な報酬を受けているにもかかわらず、当該会社の財務書類について監査証明業務を行っている。
>>
確かにこれは。。。


>>
当該監査法人においては、法人全体の業務運営に対する社員の自覚が欠如しており
>>
>>
日本公認会計士協会の品質管理レビューの指摘事項について、監査法人全体として真摯に改善しようという社員の意識が希薄である
>>
なかなかに手厳しいですね。。。


>>
前任監査人からの監査業務の引継が行われているか否かを法人として把握・管理していない
>>
>>
審査を実施していない監査業務があるほか、監査上の重要な論点に対して審査を実施していない
>>
リスクアプローチはともかくとしまして、
業務引継ぎや審査については重点項目のはずです。


ということで、総論的な感想としましては。。。
「コレ、相当ヤバイでしょ?」

過去のを繰ってみましたが、
「法令違反」という記載があるのはなかったような?
有恒や麹町といった問題化したところですら、
そういう記載はなかったんですよねぇ。。。

どうなるんだろう、これは。
DATE: CATEGORY:不適切な会計処理関連
伊藤忠商事<8001>

2008/3/27
「当社元従業員による不適切な会計処理について」

Ligayaさんのところでも取り上げてらっしゃいますが、
伊藤忠商事の件でございます。

売上数量と仕入数量をいじって、
架空在庫を作っていたんですか、
うまいやり方ですよね、コレ。

「3.本会計処理の内容と長期間発覚しなかった理由等」
の①~⑥は一読する価値アリということで。

・長期間同じ人間が担当
・長期間の安定的な金額推移
・正常な入金決済
・実在庫と帳簿在庫の一致
・口頭ベースの債権債務残高確認
・クレーム不存在
が列挙されています。

・長期間同じ人間が担当
これって仕方ないこともありますよね~
と、最近は妥協的発言をするようになってきました。
「リスクがあることはわかっているが
 そのリスクは許容することにしているので
 ローテーションなどは実施しない」
というロジックとかいかがでしょうか?
中小企業では無理ですって。

・長期間の安定的な金額推移
分析的手続でOKがでやすい状況です。
監査でも前年比で異常がない場合には、
スルーしてしまう可能性が大です。

・正常な入金決済
遅延したりすると、調査のきっかけになるんですが。。。

・実在庫と帳簿在庫の一致
ここまでやられると厳しい。
未着品が異常なものと認識しない場合には、
そのまま通してしまうかなぁ。
未着品が毎年増加しているようであれば、
気づくかもしれませんけど。

・口頭ベースの債権債務残高確認
ここがダメかなと。
やっぱり口頭ベースはダメです。

・クレーム不存在
これも調査のきっかけになりやすいのですけどね。。。


不適切な会計処理を行う動機が不明なので、
今後の調査を待ってみたいところです。(キックバック?)


続きを読む »

タグ : 不適切な会計処理

DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
クレディセゾン<8253>
「長期貸付金に対する貸倒引当金の計上、Visa Inc.株式に関する株式償還益の計上に関するお知らせ」
相殺になっているので、業績は結果的にぶれません。
が、貸付金のほうが焦げてきているんですかね?
クレジット会社のほうの貸引に最近注目しているのですが。


ノーリツ<5943>
「「当社株式の大規模買付行為に関する対応方針(買収防衛策)」の継続についてのお知らせ」
継続してしまいました。
非継続のトレンドにどこかで変わらないかな。。。


ジューテック<2682>
「債権の取立不能に関するお知らせ」
ふむ。。。
こういう形を使えば、相手先非公開でいけるんですか。。。
使うところ出てくるかな?


プリヴェ企業投資ホールディングス<6720>
「テクニカル上場申請取下げについてのお知らせ」
JASDAQ・・・


レイコフ<8941>
「第3回行使価格修正条項付新株予約権の発行(MSワラント)(第三者割当て)中止のお知らせについて」
やっぱり中止ですか。
まぁ、当然といえば当然ですが。
スポンサー探さないといけませんねぇ。
ルネッサンスがまた立候補したりして?


サハダイヤモンド<9898>
「「第三者割当による新株式及び第7回新株予約権の発行に関するお知らせ」の変更に関するお知らせ」
>>
割当先であるサハ投資事業有限責任組合より発行予定数の全部につき、平成20年3月26日付にて申込み及び払込みがありませんでしたので
>>
増資はOKでワラントはダメでしたよと。
>>
今回資金調達がなされなかった1,200百万円については、投資有価証券、固定資産、棚卸資産の売却により資金調達を行っていく予定あります。
>>
ん? 特別損益が動く?


守谷商会<1798>
「債権の取立不能又は取立遅延のおそれに関するお知らせ」
ホスピタリティインベストメントが民事再生、
ってレイコフの関連ですね。
売掛債権380百万円に対して、全額引当金を積む予定とのこと、
前回の決算では一般引当しかしてませんよねぇ。。。
純資産に対する影響が5%超えてますから、
結構大きいような気がします。


NFKホールディングス<6494>
「公認会計士等の異動に関するお知らせ」
 日本橋事務所 → ウィングパートナーズ
WPのクライアントがすごすぎる。
KDA抜かれる勢いか。
「明治建物株式会社との共同事業協定に関する経過のお知らせ」
「連結子会社である株式会社ファーネストの株式の譲渡に関するお知らせ」
「連結子会社である株式会社ユニバーサルハウジングの株式の譲渡に関するお知らせ」
「特別損失の発生及び平成20年3月期通期(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ」
赤字がガンガン拡大しています。
DATE: CATEGORY:キニナル
クオンツ<6811>

2008/3/25
「社債権者による第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の期限前返還請求(経過報告)に関するお知らせ」
「社債権者による第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の期限前返還請求(経過報告)に関するお知らせ」
2008/3/26
「【訃報】取締役逝去のお知らせ」
「社債権者による第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の期限前返還請求(経過報告)に関するお知らせ」

このバタバタ加減は異常事態。
JASDAQなにしてんの。。。

ん? JASDAQ?

このバタバタ加減が正直デジャブなんですが、
そういえばペンタくんのときも、
結構最後のほうはバタバタだったなぁ。

年度末まで、後3営業日。
DATE: CATEGORY:トレンド
原弘産<8894>

2008/3/24
「日本ハウズイングへの質問書の送付について」

これが噂の質問書ですか。
なかなか手厳しいですねぇ。

>>
特に、一部の企業経営者の中には、株主全体の利益を顧みず、自己保身を優先して、巨額の特別損失を計上することも厭わずに、大手法律事務所をはじめ外部のフィナンシャル・アドバイザーやコンサルタント等を高額な報酬で雇い、いわば「会社の資金で自分の用心棒を雇う」例が見受けられるとも聞いております。
>>
厳しいなぁ。

友好的買収になるかと思いきや、
敵対的買収になりかねない雰囲気。

でもまぁ、買収防衛策に意味があるのかについて、
参考事例になりそうな気配がぷんぷん。
どっちに転ぶにせよ、
注目しておいて損はなし。
DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
日本オプティカル<2680>
「当社と連結子会社との合併の中止並びに準備金の額の減少及び剰余金の処分の中止に伴う定時株主総会における一部議案の上程撤回に関するお知らせ」
お? なにやら撤回しております。
買収防衛策を非継続にした会社ですので、
何か深謀遠慮があると思料。


ホッコク<2906>
「「その他の関係会社」の異動に関するお知らせ」
親会社が動いたんですが。。。


大井電気<6822>
「営業外損失の計上及び平成20年3月期(単体・連結)通期業績予想の修正に関するお知らせ」
どうみても大赤字です。
ここの株価は5年チャートなどで見ると、
とても面白い動きをしているんですよね。
行って来いで戻ってまいりました。


新日本製鐵<5401>
「新株予約権の発行登録及び当社株式の大量買付けに関する適正ルール(買収防衛策)の修正に関するお知らせ」
ここの場合はミタルとの関係ですかね。
トレンドだからとか、
そーいうしょーもない理由ではございません。
テラメント対策だったら笑います。


岩塚製菓<2221>
「当社保有株式の会計上の評価手法変更について」
原価評価が時価評価になる結果。。。
総資産が2倍以上になるという。
純資産に関しては2.5倍ぐらいですかね?
未実現ではありますが、含み益バンザイ。


モック<2363>
「第5回新株予約権(第三者割当)の取得および消却に関するお知らせ」
なんかお話にならない状態になってますね。
資金調達が足りてないでしょうから、
当然のようにリファイナンス?

DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
スルガコーポレーション<1880>
「弊社の元取引先関係者の起訴について」
「外部調査委員会による調査報告書(中間報告)の公表及び関係者の処分について」
「調査報告書の概要」
「調査報告書(中間報告)」
細かい話は置いておいたとして、
「反社会勢力」と認定する主体は?
というのは大きな問題だろうなと。
「あやしい」と騒ぐだけでも、
名誉毀損の虞ありとされるわけですから、
ここは公権力に頼らざるを得ないんでしょうが。
とりあえずの感想ですが、
スルガは仕手株系よりも厳しくなりそうな気がする、
いろんな意味で。


アセット・マネジャーズ・ホールディングス<2337>
「主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ」
いちごアセットがガンガンきてますね。
この会社、そんなに魅力的だったかなぁ・・・
何を企んでるんだろ?


パイプドビッツ<3831>
「株主提案権行使に関する書面の受領について」
1,800円配当しろと、そういう提案ですな。
無配の会社なんだけどなと思いつつ、
チャートを見ると、ナントカして欲しくなる気持ちは理解。


光波<6876>
「棚卸資産の評価に係る会計基準の早期適用による特別損失の計上 および平成20年3月期通期(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ」
会計戦略の関係なのか?
ファイナンス条件の関係なのか?


クリムゾン<2776>
「特別損失の発生と平成20年1月期業績予想(連結・個別)の修正のお知らせ」
だんだんと手が付けられない業績に。。。
株価のほうもよくあるチャート。


真柄建設<1839>
「株式会社東京証券取引所、当社株式の監理銘柄(審査中)指定の解除、特設注意市場銘柄の指定ならびに改善報告書の提出請求に関するお知らせ」
「特設注意市場銘柄」行き。
とりあえず事故が発生したのならば、
ここに入れてしまえばいいやと、
そういう運用にはならないで欲しいなと。
赤黒逆転の訂正でしたから、
今回の措置はやむないでしょうが。


ユナイテッド・テクノロジー・ホールディングス<2146>
「グッドウィル・グループ株式会社経営陣との会談についてのお知らせ」
あの相手を向こうに回してですから、
やっぱり何か意図はあるんだと思いますが。
引き続きウォッチ。


千年の杜<1757>
「第7回乃至第18 回新株予約権の権利行使に関する行使価額の妥当性について」
これは絶対に要注目。
>>
③ 行使価額の修正決定後、株価が上昇すれば行使価額も上方修正され希薄化の度合いが小さくなり、株価が下落すれば行使価額も下方修正され希薄化の度合いも大きくなります。しかし、一時的に希薄化が生じたとしても、ロシア連邦ソチ人工島建設計画等及び既存事業への充当によりもたらされる企業価値の増大が、将来的に既存株主様の一株当たり利益など持株価値の向上に資すると考えております。
>>
2月12日のIRの段階では、
このように記載があったはずなのですが。。。
行使価額の上方修正が言い訳となっていたハズなのに、
それをしないというのは、理屈付けしたところでさすがに???
大証どないすんねんな、コレ。

続きを読む »

DATE: CATEGORY:キニナル
クオンツ<6811>

2008/3/24
「社債権者による第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の期限前返還請求(経過報告)に関するお知らせ」

どうみても修羅場状態ですねぇ。

取締役などの辞任勧告やら起用の話やら、
結構すごいことになってきてますけど。

アーティストハウスやら、マカオやら、
なんかにぎやかになってきましたなぁ。
無事に決算できるのか? これ?


続きを読む »

DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
グッドウィル・グループ<4723>
「ユナイテッド・テクノロジー・ホールディングス株式会社による当社株式の取得について」
そういえば、外資が入ってましたね、既に。
しかしながら、「敵対的」とか言わないあたりは、
相手もさすがといったところですかね。
最終的でにどちらが引き継ぐのやら?


スバル興業<9632>
「債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ」
株式会社ガイテックが破産手続開始。
売掛債権の約1億9000万ぐらいが危うしですが、
引当は済んでますということで。
ちなみに、土木建設工事業とのこと。


ミネベア<6479>
「会計監査人の異動に関するお知らせ」
 新日本 → あずさ
直感的に、異動理由がやや弱いような?


ヤマシナ<5955>
「平成20年3月期の配当予想の修正(復配)に関するお知らせ」
復配しおった。。。


ブックオフコーポレーション<3313>
「主要株主である筆頭株主等の保有株式に関する譲渡契約締結及び 主要株主である筆頭株主等の異動に関するお知らせ」
縁切スキームとみてますが、どでしょ?
譲渡先は一時的な受け皿ですよね。


YOZAN<6830>
「臨時株主総会決議事項に関するお知らせ」
「代表取締役及び取締役の引責辞任並びに監査役の異動に関するお知らせ」
外部から見ている限りでは、
もうギリギリに見えて仕方ないですが。。。
なんだかんだでこれまで乗り切ってきたYOZANですから、
実はまだ平気とか?


モック<2363>
「取締役の辞任に関するお知らせ」
取締役がいなくなるのはトレンド?
DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
レイコフ<8941>
「取締役辞任に関するお知らせ」
常務取締役の矢野氏が辞任。
「このタイミングだからこそ」
という見方も出来るわけなんですよね・・・
グループで申請していないところを生かすため?


三菱重工業<7011>
「小型ジェット旅客機事業化に関する一部報道について」
ジェットやロケットは夢ですよ、夢。
楽しみはあったほうがいいんです。


CHOYA<3592>
「公認会計士等の異動に関するお知らせ」
 トーマツ → ベリタス
う。。。 知らない。。。
どうやら、トーマツOBの方々が作ったご様子


三井不動産<8801>
「特別損失の計上に関するお知らせ」
帝国ホテルが減損対象ですかぁ。
440億の損があっても、まだ黒字ですけど。


関西アーバン<8545>
「債権の取立不能又は取立遅延のおそれに関するお知らせ」
レイコフショックの直接的影響を受けます。
いままで正常債権だったんですよね、きっと。
約75億円の貸出金のうち、保全できていないのが10億円余。
とはいえ、担保処分になると目減りはやむなし。
不動産担保なら、売却してマーケット壊すよりも、
そのまま利用する方向で検討していただけますと。。。


大東建託<1878>
「平成20年3月期配当予想に関するお知らせ」
自己株式買取の枠が余っているので、
今期末の配当金に上乗せるかもしれない、
又はそもそも配当しないかもしれない、
そんなIRだったりします。
結構珍しい開示だと思いますよ。


前田建設工業<1824>
「平成20年3月期 通期業績予想の修正に関するお知らせ」
1900億円の純資産がある会社ですから、
450億円ぐらいの赤字には負けない!
とはいえ、黒字予想が転じて大赤は洒落にならず。


タカトリ<6338>
「ウインテスト株式会社の第三者割当増資の引受(関連会社化)及び業務提携に関するお知らせ」
なんかすごく気になったんです。
タカトリといえば、そもそも静かな株です。
それが、マザーズの小さな会社を買うとのこと。
40%超の株式を取得するようですが、
う~~~ん、意図が見えないんですよね。
恙無くいけばOKですけど。


東洋証券<8614>
「平成20年3月期の期末剰余金配当予想に関するお知らせ」
証券会社ながら儲かっている。。。
中国株のおかげか。。。
証券セクターの中では例外的ですよね。


ユナイテッド・テクノロジー・ホールディングス<2146>
「グッドウィル・グループ株式会社の株式取得のお知らせ」
グッドウィルを買った。。。
派遣をしているとはいえ、
製造分野だけじゃなかったです???
どうすんだろ?


アプレック<8489>
「定款の一部変更及び商号の変更に関するお知らせ」
「(修正)債権の取立不能のおそれに関するお知らせ」
アプレック改め「中小企業信用機構」
またすごい名前を・・・
それとこの修正ですか。
貸引の追加引当が必要な雰囲気だったのが、
例の契約によって不要になりましたというお話。
とはいえ、保証料を今後払うんでしょうから、
どっちがお得かはよくわかりません。


ブックオフコーポレーション<3313>
「解決金の受け入れについて」
コレの件の1部解決ということで。


シンワオックス<2654>
「業務提携についての検討中止のお知らせ」
ホッコクとバイバイしてますね。


ビスケーホールディングス<7542>
「債権放棄に関するお知らせ」
金額小さいですけれど、一応。
ユーロモーダへの債権放棄。


クオンツ<6811>
「社債権者に対する第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の期限前返還に関するお知らせ」
なんか前向きな記載内容ですけれども、
要は仮差押くらってますやん。
3月決算のGCとか、どうするんだろ?
DATE: CATEGORY:備忘録
asahi.com

2008/3/22
「無認可共済最大手「マルチ商法やめます」 規制強化で」

エキスパートアライアンス株式会社

自分のところにも話はあったので、
よ~く覚えているんですよねぇ。

保険商品としてはよさげだったんですが、
販売の仕方が?だった印象が。

ちょうどタイミングよく、
クロサギの中で「共済組合詐欺」
なんて見たものだから、手を出さなかったわけですが。


続きを読む »

DATE: CATEGORY:トレンド
レイコフ関連の続きエントリーということで。

今回の民事再生については、
・株式会社レイコフ
・株式会社レイコフインベストメント
・株式会社ホスピタリティインベストメント
の3社が申立てをしています。

ここでレイコフグループを確認しますと、
・株式会社不動産計画評価研究所(直接100%)
・株式会社資産管理研究所(直接100%)
・株式会社レイコフ投資顧問(直接100%)
・株式会社レイコフインベストメント(直接100%)
・株式会社ホテルシステムズ(直接100%)
・株式会社ホテル1-2-3(間接100%)
・株式会社ザ・ピース・インターナショナル(間接100%)
・株式会社ホスピタリティインベストメント(間接100%)
・株式会社ゴルフリゾート(間接100%)
・株式会社レイコフアセットマネジメント(直接100%)
・ロタ・リゾート有限会社(ファンド連結っぽい)
・SNM CORPORATION(ファンド連結っぽい)
・ウェストランドプロパティーズ有限会社(ファンド連結っぽい)
平成19年8月期の有価証券報告書からは、
連結子会社の状況はこうなっていました。

このうち、注目していたファンド関係の主体としては、
資産運用会社としての株式会社レイコフ投資顧問ぐらいの模様。
この辺は、yurakuさんにご指摘をいただいたとおりです。

であれば、ファンド関係はセーフ?
そのあたりはうまく隔離できているんでしょうね。

もっとも、グループ全体での申立てではない、
というところに、そもそもの違和感があることはありますが。
生きてる部分については、
グループの切り売りをするのかしらん???
DATE: CATEGORY:トレンド
本日のマーケットテーマとして、
「レイコフ<8941>」は避けられないでしょう。

かつては相場を牽引した、
不動産流動化銘柄の花形でしたから。

上場当初は一株250万近くあったんですよね。
分割調整により、今の50万円ぐらいではありますが。
(2005年に1:5の株式分割してます)
19日の終値は21,500円と、見る影もございません。
(というか、S高してるわけですが。。。)

さて、本エントリーでは、
今回の件の影響をいくつか想定しておこうかなと。

・対レイコフ債権の貸倒処理
仕入債務の類はあまり重要性はなさげ。
むしろ、借入金とかなんでしょうけれども、
大銀行の総資産からするとマイナーパスなのかなぁ。

・レイコフ管理ファンド
これが一番気になりますね。
yurakuさんのエントリーで、
コメントをやり取りさせていただきましたが、
懸念すべきはここなんでしょうね。
解散されるか否かは影響大です。

・不動産市況への影響
不動産ファンド組成力のある会社が減りますから、
当然ながら買い手としてのファンドが減少するわけで。。。
ましてや、解散などという事態になれば、
供給が増えますから、あまりよろしくはない。

・ファンドのデット調達
ファンド管理者の信用リスク顕在化が、
どの程度の影響を及ぼすかは不明瞭ですが。。。
仮に、ノンリコまで毀損する事態になるようであれば、
ファンド組成のためのデットが細ってしまう?
(尤も、「ファンド解散」→「不動産投売」
     →「エクイティ毀損」→「デット毀損」
 という流れが現実のものとなればですけれども。)


とまぁ、思いつくままにつらつらと。

とりあえず肝としては、
「管理しているファンドがどうなるか」
なんだと思います。

解散するような事態は避けられるように、
各所で手が打たれることを望みます。



続きを読む »

DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
コマーシャル・アールイー<8866>
「販売用不動産の売却に関するお知らせ」
流動性の低いものについては、
売れるうちに(値段が付くうちに)
売ってしまうのが賢いですよね。
たとえ損を出したとしても、
資金を回すほうが優先されるべきということで。
夜が明けたら、レイコフショックなんだろうなぁ。。。


ビービーネット<2318>
「業績予想の修正に関するお知らせ」
「株主優待制度の中止に関するお知らせ」
「平成20年 7月期 中間決算短信」
お米をなくしたら株主減るんじゃないか。。。
とはいえ、株価水準を考えたらやむなしですが。


福岡中央銀行<8540>
「債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせについて」
中央舗道株式会社が破産手続です。
債権は貸出金2億1900万円、
って結構多額ですよね。
引当済というわけではないようですが、
業績見通しへインパクトなしとか?


東洋ビジネスエンジニアリング<4828>
「和解による訴訟の解決に関するお知らせ」
株式会社ムトウとの訴訟が和解に。
業績インパクトは無しとのコト。


十八銀行<8396>
「債権の取立不能又は取立遅延のおそれに関するお知らせ」
株式会社オーケーエンタープライズが、
民事再生手続を申立てとのこと。
債権は貸出金約20億ですが、
カバー済みとのことで、インパクト無しの模様。


ウエスコ<9648>
「当社従業員の起訴に関してのお知らせとお詫び」
>>
当社の業績に与える影響はあると見込んでおります。その具体的な予想値は現時点では不明ですが、判明次第速やかに開示いたします。
>>
確かに、そうですわなぁ。。。


東亞合成<4045>
「移転価格課税に基づく更正通知書の受領について」
お、これは戦う気じゃないですか。
移転価格税制関連ですから、
アメリカとの二重課税状態ですか。
ぜひともがんばっていただきたく。


サハダイヤモンド<9898>
「株式会社リリアン(銀座ジュエリー・ブランドショップ)との業務提携に関するお知らせ」
「モンデラジャパン株式会社との資本・業務提携(基本合意書締結)に関するお知らせ」
とりあえず取り上げておきました。
何かやる模様?


原弘産<8894>
「日本ハウズイングへの回答書の提出について」
1週間でこのボリュームを作ったんですか。
しかも、結構しっかりした内容ですし。
Q1-(3)への回答の、
>>
弊社はこれまでも株主様・機関投資家の方々からのご要望にお応えして、開示資料の充実を図ってまいりました。したがって、開示資料の内容を今一度ご覧いただくことをお勧めいたします。
>>
とかは笑えますし。
Q3-(1)については、
企業価値評価に対する参考になる見方ですよね。
Q7-(3)については、
親子上場に関するメリット・デメリットですか。
Q8-(1)に対しては、
日本ハウズイング側で反論するならしないとまずいでしょ?
とはいえ、Q8-(4)以降がコアですよねぇ。。。
ともかく、適当な対応では逃げられない状況でしょう。


続きを読む »

DATE: CATEGORY:キニナル
レイコフ<8941>

2008/3/20
「民事再生手続開始申立てに関するお知らせ」
「債権の取立不能又は取立遅延のおそれに関するお知らせ」

まさかのレイコフ倒産。

直前まで利益出してましたから、
黒字倒産ですよ、これは。
開示は祝日の23:30でございます。

・デットの調達がうまくいかなかった
・不動産の処分がうまくいかなかった
(特にファンド向けの)
・売却できないことによる保有コストがかさんだ
など、いろいろと資金繰り逼迫原因が書いてあります。

3年前の私の見立てでは「金利が上がったらアウト」
という認識だったんですが、結果は皮肉なものです。

金利自体は上がっているどころか下がっているにも関わらず、
・不動産市況の低迷
・ファンドの縮小
のインパクトが大きかったということで、
「信用収縮の影響モロ」
ですよねぇ。。。

「お金(経済の血液)の流れ」
が悪いんですよ、現状は。

政府に少しはナントカして欲しいのですが、
アカン、どないもならへんわぁ。。。

続きを読む »

DATE: CATEGORY:監査ネタ
JICPA

2008/3/19
「監査・保証実務委員会研究報告第18 号「監査時間の見積りに関する研究報告(中間報告)」の改正について」

公開草案ですけど、読んでおいていいのではないかと。
内部統制監査と四半期レビューが考慮されております。
とりあえず、ウチのブログでは内部統制監査に視点を当てて、
勝手にコメントしておきます。

>> 5P
(4) 内部統制監査
内部統制監査を実施する場合には、監査人は、監査時間の見積りにおいて例えば次のような事項を追加的に考慮する必要がある。
① 重要な事業拠点の数及び評価の対象となる業務プロセスの数
② 内部統制監査と財務諸表監査の関連性(例えば、内部統制監査の過程で得られた監査証拠は、財務諸表監査の内部統制の評価における監査証拠として利用され、また、財務諸表監査の過程で得られた監査証拠も内部統制監査の証拠として利用される。)
③ 被監査会社で作成している資料の利用可能性(例えば、フローチャート、業務記述書、リスク・コントロール・マトリックス等の関連文書の利用可能性等)
④ 評価範囲変更の可能性(例えば、経営者の評価範囲の妥当性の程度、重要な事業拠点として選定する子会社、支店等の範囲の拡大の可能性、重要な事業拠点において評価対象となる業務プロセスの範囲の拡大の可能性、業務プロセスの運用状況評価における経営者評価の利用の程度等)
⑤ 内部統制の重要な欠陥等の存在可能性(例えば、内部統制の重要な欠陥等が存在する場合には、その集計・評価、経営者等への報告、是正状況の確認作業が必要となる。)
⑥ グループ全体に適用される統一的な方針や手続等が確立されている程度
>>

①に関しては、
「全社的な内部統制の評価範囲となる事業拠点」
(決算財務報告も同様)
「IT全般統制の評価範囲となるIT基盤」
も含まれるんでしょうね。

②に関しては、
監査人側の問題のような気がします。
関連付けのロジックが持てているかどうか。

③に関しては、
めっちゃ重要でしょう。
会社が監査人の監査の手間を考えていない場合に、
しっぺ返し食らいますよということです。
「総括表ができていない」
「リファレンスができていない」
「インデックスが振れていない」
「証憑における証跡が残っていない」
「運用評価において押印の有無のみを見て、肝心な数字の整合性を見ていない」
などなど、挙げればきりがない。
経営者評価としてはOKとしても、
内部統制監査でそのまま使えない(やりにくい)となれば、
ダイレクトレポーティング的にならざるを得ないわけで。
金融庁に対して、
「監査報酬が倍増とかないっていってましたよね?」
といったところで、
「監査人との事前協議及び協力関係は当然の前提~~(云々)」
と逃げられるだけの話でしょう。

④に関しては、
「必要最低限の法制度対応」
と標榜していた場合には要注意かと。
バッファ部分がないため、
数字が予期せぬ動きをしたときに、
土壇場で悲劇的なことになるでしょうね。

⑤に関しては、
評価の試行を行って、不備の検討まで終わっていないと、
初年度では予期することができないような。。。

⑥に関しては、
読んで字のごとくということで。


ところで、11Pあたりに目をやりますと、
監査日程の概略などというものがあるわけでして。。。
「会社担当者及び会計士に休みはないらしい」

15Pあたりには、業務プロセスの監査時間の試算がありますが、
整備状況評価はプロセス数×時間数でいけるかもしれませんが、
運用状況評価はキーコントロール数×時間数じゃないかなぁ。。。
プロセスによってキーコントロールの数が違うのが通常ですよね?

17Pの冒頭には、再テスト(ロールフォワード関連)について、
当初の評価時間の1割という試算をしていたりします。
実際のところが見えないので、ノーコメント。

とりあえず17Pの、
「⑥ 統制リスク評価の時間数に影響を与える要因」
あたりによくまとまっている印象です。


続きを読む »

DATE: CATEGORY:キニナル
オーベン<4797>

2008/3/18
「上場廃止の決定に関するお知らせ」

この会社はウォッチしていましたから、
いなくなると寂しくはなります。

詳細については各所で取り上げられておりますから、
ウチとしては特にコメントしないでおきます。
DATE: CATEGORY:トレンド
武富士<8564>

2008/3/17
「特別損失の計上および業績予想の修正に関するお知らせ」

しまった、見逃していた。。。
実質的ディフィーザンスの件で、
特別損失が大きく計上されることに。

300億円の資産が、
わずかな期間に3億円弱まで落ち込んだということで。
一般的に「大損」の類というヤツです。


続きを読む »

DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
平和奥田<1790>
「過年度決算訂正にかかる監査法人の選任についてのお知らせ」
過年度監査をどこがやるのかですが、
結局「かがやき」が行う模様。


新電元工業<6844>
「社債権者による新株予約権付社債の繰上償還請求に関するお知らせ」
デットが細ってるなぁ。
DATE: CATEGORY:監査ネタ
CPAAOB

2008/2/27
「「監査の品質管理に関する検査指摘事例集」の公表について」

いつか書きたいと思っていたのですが、
時間がある今がチャンスということで。

当初はCPAAOBに対する愚痴でも書こうかと思っていましたが、
読み進めていううちに別の方向へ。。。
確かに形式チェックな部分は目立ちますが、
たまに看過できないクラスが混ざっているんですよね。
もっとも、脚色は否定しないところではありますが、
それにしても??なところはあったりもします。
監査に関係する方であれば、ご一読したほうがよいかと。

(本文において「・」となっているところについては、
 勝手に「いろは」に変換しておりますので、
 脳内翻訳お願いします。)


1 業務管理体制

(1)ろ
「トップとしてリードしていく姿勢が認められない」
なんのためのトップかがわからなくなります。

(2)い
「各部門の責任者である社員が自己の職責を理解していない」
本当は管理職ではない管理職とかも?

(2)ろ
「当監査事務所では、監査業務の審査において、財務書類に重大な疑義があり、適正意見を表明できないと決定したにもかかわらず、この決定に否定的な考えを持っていた業務執行社員は、これに従わずに適正意見を表明している」
え~~~

(3)ろ
「代表社員の中にも内部規程の内容を十分に理解していない者がいる」
どこの組織でも起こりえるわけですか。

(3)に
「内部規程の一部の適用時期の記載を遡らせ」
バックデートってやつですか。

(4)い
「この事実を隠蔽するために」
これは。。。

(6)い
「地方事務所で生じた問題の情報が事務所全体において共有されていない」
これは別拠点を持つ組織共通の悩みですかね。

(7)は
「出席率が半分以下の地方事務所長がいる」
支店長とか読み替えると?

2 職業倫理及び独立性

(1)い
「職業的専門家としての正当な注意を払い、懐疑心を保持した監査が行われていない」
全否定ですか、きっつい記載だなぁ。。。

3 監査実施者の採用、教育・訓練、評価及び選任

(1)ろ
「非常勤の監査実施者の一部を、監査業務の補助に係る契約手続が未了のうちに、監査業務に従事させている」
とりあえず今日から働いてよ?

(3)ほ
「研修の受講状況が社員等に対する人事評価に反映されていない」
教育研修の実効性のためにも。

4 監査契約の新規の締結及び更新

(2)い
「契約リスクの評価手続が完了していないにもかかわらず」
与信判定が未了にも関わらず、と読み替えたほうが伝わりやすいですか?

(3)い
「監査契約に係る承認手続が終了していないにもかかわらず、当監査事務所では、業務執行社員が事務所を代表して監査契約を締結し、または監査業務に着手しているものがある」
営業の独走ということになりますかね。。。

(3)ろ
「監査契約に係る申請者と承認者は同一であってはならないと規定されているにもかかわらず、監査契約の新規の締結に際して、申請者と承認者が同一となっている」
職務分掌。。。

(3)は
「不祥事により退任した前経営者の経営への影響力の排除等の条件を遵守する旨の確認書を監査依頼人から入手することを契約締結の条件としていたにもかかわらず、当該確認書を入手しないまま、業務執行社員が監査契約を締結している」
特定できそうな気もしますけど。。。

5 監査業務の実施

(1)②ほ
「期中の一定期間について、内部統制の運用評価手続を実施しているが、残余期間については評価を行っていない」
ロールフォワードというやつですかね。

(1)③ろ
「内部統制が有効ではなく、統制リスクが高いと評価しているにもかかわらず、内部統制に依拠した監査手続を実施している」
これは。。。

(4)①い
「廃棄品として評価減すべきたな卸資産について、被監査会社は評価減を行っていないにもかかわらず、当監査事務所の監査実施者は、たな卸資産の評価の妥当性について検討していない」
基本的に表現には気を使っている様子が感じ取れるのですが。。。
「廃棄品として評価減すべきたな卸資産」
ここの表現だけ気になりましたね。
もしかして、代わりに監査したんじゃないかとも読み取れてしまう。

(4)⑥ろ
「年金数理人が算定した退職給付債務及び退職給付費用に基づく退職給付引当金と被監査会社の計上額との間に差異が発生しているにもかかわらず、当監査事務所の監査実施者はこの事実を看過している」
うーむ、厳しいなぁ。

(5)い
「ロール・フォワード手続を実施していない」
「入出庫のカット・オフ・データを入手していない」
基本・・・

(6)ろ
「残高確認状の発送を被監査会社に依頼しており、自ら発送及び回収していない」
おっと、これは~~~

(6)へ
「多額の確認差異が発生しているにもかかわらず、当監査事務所の監査実施者は、証憑との突合等、その発生原因を把握するために必要な監査手続を実施していない」
「確認差異について、その内容や量的・質的影響を検討していない
差異をつめるところまでが確認手続。

(7)い
「第三者に担保として提供される可能性のある定期預金証書を実査の対象としていない」
仰るとおりですよね。。。

(8)い
「役員の状況や被監査会社への資金面での依存状況から子会社に該当する可能性のある会社であるにもかかわらず、当監査事務所の監査実施者は、当該会社が子会社に該当するかどうか検討していない」
監査手続と監査結果のどっちに問題があるんでしょうかね。

(10)い
「被監査会社又は連結子会社について、決算日後の取締役会等の議事録の閲覧や月次試算表等の内容の検討を行っていない」
基本だと思っていた。。。

(13)い
「重要な訴訟事件を抱えている被監査会社の監査において、当監査事務所の監査実施者は、訴訟事件に係るリスク管理体制の検討・評価が不十分である」
訴訟案件が多い会社であれば、しかるべきリスク管理体制が必要と、そう読んでもいいのかなと。

6 監査調書

(1)
「実施した監査手続、判断過程及び結論などが監査調書に具体的かつ詳細に記載されていない」
初期に習ったんですけどね。。。自分とかアホだから忘れてしまいます。。。

(1)い
「監査調書に作成日付、作成者名及び調書番号等が記載されておらず、体系的に配列・整理されていない」
経営者による内部統制評価・報告においても、このあたりは加味されているハズ。

(1)は
「一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を実施したこと及び十分かつ適切な監査証拠に基づいて監査意見を形成したことを説明できない」
きっつい書き方だなぁと。

(2)ろ
「業務執行社員等による査閲のサインがほとんど行われておらず、査閲を行った証跡が認められない」
金融庁はこういう視点で監査人をチェックするわけです。当然監査人がチェックするときも。。。

(3)ほ
「監査実施者が回収した残高確認状を監査調書に綴じることなく、長期間放置したことから、当監査事務所では残高確認状の原本の所在が不明となっている」
監査スキルというよりも、それ以前の問題ではないかと。

7 監査業務に係る審査

(1)ろ
「協会が公表した「中小監査事務所向け監査ツール」を十分に検討することなく、そのまま監査事務所の品質管理規程としたため」
雛型をパクるだけだとこうなる。

(2)②い
「当該監査業務に従事している者を審査担当者に任命している」
これは、ヤバイ。

(3)③は
「監査報告書の提出期限までに審査資料を作成することができなかったが、審査上問題となる事項はないと勝手に判断し、審査を受けていないにもかかわらず、審査が問題なく終了した旨を業務執行社員に報告している」
「審査を受けないまま監査意見を表明している」
ウソをついてはダメだと思う。


DATE: CATEGORY:会計ネタ
株価は12000円割れということで、
年初のアナリスト予想は壊滅ですかね。

為替のほうも100円ラインを割っていますし、
洒落になっていない状態。
ランドも12円割ってますよね。。。
ZARは今年でも16円とかついていたはず。
ボラ高いなぁ。


さて、そろそろ年度末なわけですが、
いい加減ヤバイです。

・有価証券評価損
・為替差損益

有価証券のほうは、
高値掴みをしているようであれば、
30%ラインには引っかかってきているハズ。

為替のほうは、想定ラインが105円とか多かったでしょうから、
期末の時価評価が怖いことになりそうな。
(任天堂はいつものようにブレますでしょうし)


こういうときに手が打てないとか、
今の政府はイタすぎる。。。
キャッシュアウトはありませんが、
企業業績にはインパクトあるんですから、
日銀総裁で揉めてないでなんとかしてくれ。。。
DATE: CATEGORY:ファイナンス関連
イオン<8267>

2008/3/17
「㈱CFSコーポレーションとイオン㈱との業務・資本提携について」

CFSコーポレーション<8229>

2008/3/17
「第三者割当により発行される株式の募集及び「その他の関係会社」の異動に関するお知らせ」
「㈱CFSコーポレーションとイオン㈱との業務・資本提携について」
「代表取締役社長の異動に関するお知らせ」

こわっ!
これが現実ですか。。。

アインとの話はなかったことにして、
確実に支配下へ置く方向性ですよね?

ホントのところ、
「敵対的なのか? 友好的なのか?」
どっちなんでしょうね。

報復とまではいいませんが、
世間で言われるところの「敵対的」には、
よっぽど近い印象なんですけどね。
筆頭株主がやる分には、問題ないとか?


続きを読む »

DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>
「民事訴訟の判決に関するお知らせ」
うわ、最高裁までいくんかい。
330万が550万になっても不服と。
1000万以上欲しいのかしら?
個人的には、リアルに錬金術をやらかしたわけですから、
民事訴訟というレベルじゃないという見方。


アルファ・トレンド・ホールディングス<4352>
「平成20年6月期通期業績予想(連結)の修正に関するお知らせ」
赤字の拡大もさることながら、
売上のボリュームが5億円とか、
どんだけ。。。
上場審査時の利益水準を考えると、
う~む。


イチヤ<9968>
「特別損益の発生及び業績予想の修正に関するお知らせ」
特にコメントは不要ですかね。
見れば分かっていただけるということで。
DATE: CATEGORY:ファイナンス関連
クオンツ<6811>

2008/3/15
「社債権者による第2回無担保転換社債型新株予約権付社債の繰上償還請求に関するお知らせ」

なにやら面白いことになっているご様子。

3月6日という期日が話題になっているんですか。

こういうのって、なんか既視感があるんですが。。。
DATE: CATEGORY:デイリーピックアップ
イッコー<8508>
「藤澤信義氏による当社株式の公開買付けの結果に関するお知らせ」
藤澤氏って「かざかファイナンス」の人ですか。
職歴を見ると「ライブドア」の名前がおどってます。


YOZAN<6830>
「Marina Partners が保有する新株予約権の買入に関するお知らせ」
リファイナンスの一環。
個人的感覚としまして、
ファイナンスネタが多発するようになってきたなら、
いろんな意味で要注意だと思っています。
こういう会社に限らずですよ。


オー・エイチ・ティー<6726>
「「平成20年4月期 第3四半期財務・業績の概況」の発表予定日に関するお知らせ」
この会社はケチがついちゃったのかなぁ。


ステラ・グループ<8206>
「第三者割当による新株式および新株予約権の発行についての臨時株主総会決議に関するお知らせ」
特に有利な価格でもOKということで。


ジー・エフ<3751>
「第三者割当増資払い込み完了による債務超過解消のお知らせ」
さみしいIRですよ。


Now Loading<2447>
「特別損失の発生および当期純利益の修正のお知らせ」
WP回復可能性を認めず。


アスキーソリューションズ<3801>
「株式会社大阪証券取引所への「改善状況報告書」の提出について」
「これは面白い」
添付資料1については、
内部統制対応で欲しい人もいるかも?
さて。。。
>>
この間、プライム監査法人の先生方が当社に常駐いただいたこともあり、その間に起きた事象もことごとく報告、相談しており、決算短信、四半期開示資料につきましても、全て目を通していただいております。短い期間ですが、これ以上はありえない程の信頼関係と緊密な連携が構築されました。
上記は非常事態時における当然の取組みということではありますが、この過程において、日常的にあらゆる決定事項、発生事項についての報告、連絡、相談を行う態勢が整い、具体的には、緊急時を想定し、会計監査人との個人携帯電話番号等を交換することにより、会計監査人からの質問あるいは当社からの連絡がタイムリー且つスムーズに行えるようになりました。
>>
この部分に対する評価は割れるでしょう。
fsaはどう評価されてるんでしょうか?
とても気になります。


モスインスティテュート<2316>
「平成20年 7月期 中間決算短信」
23:50開示とか、ギリじゃないですか。


続きを読む »

DATE: CATEGORY:内部統制ネタ
fsa

2008/3/11
「「内部統制報告制度に関する11の誤解」等の公表について」

書いておきたい衝動に駆られましたので。。。
エントリーが遅いのはいつものことです。

自分の立場としましては、
コンサル+監査の両方を経験済ですので、
会計士の立場から好き勝手コメントしておこうかなと。


Q1 米国SOX法と同じか

トップダウンアプローチとかいいながら、
業務プロセスのリスクの識別手法(リスクモデル等)に、
ボトムアップアプローチが採用されてませんか?
監査人やコンサル指導のケースもあるかもしれませんが、
会社が自分で採用した手法がそうだったりするケースがあるんですよね。
それでいて「しんどい」と仰ってるんですが、
それは自爆というヤツでございます。
(コンプラリスクや不正リスク、業務ミスなどが識別されているケース)


Q2 特別な文書化が必要か

実施基準で「業務の流れ図」「業務記述書」などを例示するから、
3点セットなどというのが一人歩きするわけで。
「RCM」だけあればいいんじゃないですか?
(逆に「RCM」だけは最低でも欲しいという監査人的立場からの感想)

また、記録の保存という観点からは、調書のコピーがあったとしても、
それを監査で使えるか疑問なんですよねぇ。。。
だって、基本的に監査で現物にあたらないのは無意味ですから、
やはり調書現物を見たくなるわけですよ。
正直ベースとしまして、調書のコピーの整理をするよりかは、
調書現物における、証跡やリファレンスの残し方を考えたほうが。。。


Q3 すべての業務に内部統制が必要か

事業拠点関連の業務プロセスについては、
「下流は総勘定元帳入力まで(会計システム入力まで)」
というところなんでしょうが、
「じゃあ上流はどこから?」
というのは難しいのではないかと感じてます。
受注、応札、引合と財務報告リスクの関係は・・・
業務プロセスの範囲で揉めるのは上流部分ですよね?
(人件費なども揉めますが)

また、僅少という重要性の基準値については、
5%などという数値目標を出さないほうがよかったような。
下手に出してしまったがために、
どーでもいい会社が数値基準でひっかかってしまって、
負担を増やしているような気がしております。
(大事な会社が数値基準でひっかからないケースについては、
 監査人が指摘するのであまりないだろうという実感)


Q4 中小企業でも大がかりな対応が必要か

代替的な統制が記載されておりますが、
「マンパワーが不足しているのに、経営者や他の部署によりモニタリングできる余力があるわけがないだろう」
という悲鳴が聞こえてくるのですが。。。
マンパワーが不足している会社において、
相互モニタリングの体制を組むこと自体が、
そもそも無理だと感じているのですが、
自分の感覚がおかしいのですかね?

また、企業外部の専門家の利用とか書いてありますが、
そもそも中小企業には「人」も「金」も、
ないっちゅーねん。

具体例が非現実的に感じている次第。


Q5 問題があると罰則等の対象になるのか

不適切な会計処理をしたところで、
なかなか上場廃止にならない日本という国ですから、
内部統制報告書程度で上場廃止になるとは到底思えず。
(ゴメンなさい、最初から高をくくってます。)
最悪でも「特設注意市場」行きなんじゃないかなぁ。。。

そんなことを心配するよりも、
・把握されてしまった財務報告外の内部統制の不備
をどうするかを考えるほうが余程重要ではないでしょうか。
「財務報告への影響が無いからパス」
といっていられない問題が含まれる可能性があるのですが、
誰かがその観点で指摘してくれなければ、
経営者にとってはおそろしいことになる気がしております。
(ビジネスリスクや法務リスクなど)

・重要な欠陥を放置したがための財務報告の事故
についても、注意すべき事項ではありますけどね。


Q6 監査人等の指摘には必ず従うべきか

ここについては二面性があるので難しいなと。

会社として、最低限のフレームワークの理解などは必須なわけで、
そのレベルに至っていない段階で監査人に反発されても困ります。
監査人と協議する前に、最低でも実施基準ぐらいは原文読みましょう。

実施基準に書いていない部分だと判断した上で、
その部分についての取扱いを協議するのは重要です。
なんでやらなあかんねん? というところは大いに議論すべき。

ちなみに、マニュアルやツールについては、
利用できるものは利用したほうが早く済むからいいですよ。
(必要な部分だけ利用するのもアリでしょうし)
システムについては。。。微妙。

それと、結構前からコンサルなどを入れている会社であれば、
実施基準公表前から作業をしているはずですので、
コンサルによる指導などが、
「オーバースペック」
になっていないかという点検はお忘れなく。
本番前にスリム化を図ったほうがいいですよ、
特にIT統制関係が重装備過ぎる会社が目立ちます。


Q7 監査コストは倍増するのか

「経団連、内部統制の負担軽減要請=監査報酬の高騰懸念」
こんな記事があるようですが、
監査コストは増えることは間違いない。
金融庁見解の、
「内部統制監査は、財務諸表監査と同一の監査人が一体となって効率的・効果的に実施」
するとしても増える。
そういう意味では、ここの書き方が悪い。
「倍増しますか?」「効率的・効果的に実施」
これは答えになってませんよ。

>> 時事ドットコムの記事より
「(2008年度は監査法人の)監査時間が2倍、3倍になるという話も聞こえてくる。おかしいのではないか」
>>
はっきり書いておきますが、
おかしいのは企業側でもなければ、
監査人側でもなく、
この制度がおかしい

思いっきり本音ベースの意見を申し上げますと、
山口先生のビジネス法務の部屋のエントリーにて、
「「内部統制報告制度に関する11の誤解」金融庁公表(速報版)」
機野さんがコメントされている、
>>
建前論はそろそろ要りません
(そこにこだわるのなら、いっそ廃止論をぶちかますべきなのです。制度としてハナから破綻してますから。でも悪法もまた法なり。 <以下略>
>>
というご意見に同意。

監査人にしわ寄せしようとしても、
今の監査人は昔ほど弱腰ではないので、
情け容赦なく切るでしょうね。
「じゃあ、他に行って下さい」
監査報酬が一定水準以下のクライアントについては、
大手は整理し始めていると感じているのですが、いかがでしょう?

さて具体例ですが、「監査計画の一体的作成」については、
Q10を考えると、初年度は矛盾するんだろうなと。
会社側の作業が終わっていなければ、
監査人側で計画立てられないんですよね。。。
(そういう意味では、「全社的な内部統制の評価」
「業務プロセスの評価範囲の選定」については、
6月末ぐらいまでには実施しておく必要があると感じてます。
できうればキーコントロールの数ぐらいは把握しておきたい。)

また、監査証拠の利用という点では、
監査人が監査証拠として採用できるような、
評価手続レベルが求められるわけですよね。
ということは逆に、経営者評価の評価手続レベルが低いのであれば、
監査人が独自で評価実施する必要がでてくるわけであります。
よって、経営者評価コストと監査報酬はトレードオフの関係と見てますが、
どうでしょうかね?


Q8 非上場の取引先も内部統制の整備が必要か

必須ではないですが、やったほうがいいのでは?
上場会社クラスの内部統制構築は不要でしょうが、
内部統制の現状報告書のようなものを提出できれば、
それだけでも他とは一味違うということで。
(というか、外部倉庫のような倉庫業者については、
棚卸資産関係ですし、あったほうが。。。
運送業者であれば、なんともいえませんが。)


Q9 プロジェクトチーム等がないと問題か

問題のはずがないわけで。
が、兼務は実際のところ大変だと言われておりますので、
現場実務を考えると、ねぇ。。。
経営者的にはあまりいじりたくはないでしょうが。

具体例を眺めてみて、
自己点検の建付けや、お金の問題だよなぁという感想。


Q10 適用日までに準備を完了する必要があるのか

金融庁見解のイミガワカラナイ。。。
「適用日時点で完了している必要はなく、
 決算日後3ヶ月以内に内部統制報告書が提出できればOK」
といえばいいのに。

・適用日
・決算日
・決算日後3ヶ月
の関係整理はしておく必要があります。


Q11 期末のシステム変更等は延期が必要か

必要ではないが、やめといたほうがいいのでは?
正直な話、会社側からしたら怖いと思うのですが。。。
実際のところ、評価対象外としたシステム関連で、
ミスが発生するようなことがあった場合に、
なんだかんだ言われますからねぇ。


別紙2 内部統制報告制度の円滑な実施に向けた対応

Q&Aの追加公表や、指導中心の行政対応とありますが、
それよりもめっちゃ気になった一文が。。。

「制度導入後、適時にレビューを行い、その結果を踏まえて。。。」

え? レビューされるの? 会社を? 監査人を?
評価・監査の基準・実施基準とその後に書いてありますから、
内部統制報告書のレビューでは済まないですよね?
選ばれてしまった場合には、監査人監査のみならず、
金融庁レビューもありえるという意味にとれるのですが??
この読み方が正しいとするのであれば、
いや~な感じがしてしょうがない。。。
「上場会社の監督官庁として金融庁の影響力拡大」


以上、コメントについてはこんなところで。



続きを読む »

DATE: CATEGORY:トレンド
日本オプティカル<2680>

2008/3/10
「買収防衛策(事前警告型ライツ・プラン)の非継続に関するお知らせ」

こんないいネタに気づいていないとは。。。
迂闊極まりない。

この件に対する個人的評価は、
「とってもポジティブ」
ということで。

ポジティブ
・検討の上、そもそも買収防衛策は不要と判断
・買収防衛策を導入後、不要として撤廃

ネガティブ
・買収防衛策を導入
・そもそも検討すらしていない

私見ではありますが、こんな会社分類です。

「買収防衛策なんぞ導入している企業はロクでもねぇ」
という基本的スタンスなものですから、
今回のようなものを目にすると、なんか嬉しくなる。

>>
現環境下においては株主共同の利益と企業価値を毀損する惧れのある敵対的買収行為と認識される事実が発生した場合には、金融商品取引法の規定に基づく対応または株主総意の直接確認等により株主の皆様の利益を最大限に保護することが可能であると判断される
>>

続きを読む »


copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。