プロフィール

grande

Author:grande
4代目 Grande's Journalです。
IR+内部統制を主軸にしつつ、少しは会計士らしいことも書くかもしれません。(書かないかもしれません)


<使用上の注意>
当ブログは、有価証券の価格について、断定的判断を提供するものではなく、売買の勧誘を目的とするものでもありません。実際の投資意思決定につきましては、各自が自己責任で行われますようお願いいたします。

<お知らせ>
当サイトと関係に乏しいコメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただきます。
メールやWebclapなどでの連絡もお待ちしてます。


フィードメーター - Grande's Journal

ブログ内検索

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QRコード
ご訪問いただきました皆様へありがとうございます


世界的な大荒れ相場の中、斃れゆく会社も増えてまいりました。
気になる適時開示を勝手気ままに取り上げるブログではございますが、投資家向けのリスク情報として少しでも役に立つようであれば幸いです。
定期的に前触れなく更新途絶があったりしますが、多分中の人は生きておりますのでご心配なく。

過去のエントリーをまとめてチェックしたい場合には、左にございます「ブログ内検索」にキーワードを入れていただければ便利です。
また、RSSリーダーをお使いの皆様へ向けてですが、「read more」部分が表示されていないケースもありますのでご注意ください。
トラックバック・コメント・拍手コメント、なんでも歓迎でございますので、お気軽にどうぞ。
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:会計ネタ
金融庁

2007/12/27
「「開示用電子情報処理組織による手続の特例等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」等の公表について」

見逃してました、超重要でございます。

今年の大きな開示関連の話題としましては、

・内部統制評価報告書が始まる(意見表明は来年)
・四半期報告書が始まる
・経営者確認書が始まる(従前の財務諸表監査のとは別)
・XBRLが始まる

の4つがあります。
その中の一つの割には影が薄かったんですよね。


「勘定科目リスト(Excel:5,660K)」
5M超えるファイルサイズとは、おそるべし。

タクソノミやインスタンスについてはともかく、
会社として採用する勘定科目名について、
調整が必要になってくるわけです。

そんなわけで、

JICPA 2008/1/9
「金融商品取引法監査の監査人へ -財務諸表はXBRL形式へ-」

こんなんが公表されましたわけです。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:キニナル
ステラ・グループ<8206>

2008/1/10
「株主による臨時株主総会の招集請求に関するお知らせ」

面白すぎる。。。

請求者 坂田陽一郎氏
(100%子会社の代表取締役社長)

持株比率 9.19%

請求内容
・取締役全員の解任および新取締役の選任
・監査役全員の解任および新監査役の選任
(具体的候補者の明示なし)

する方もする方ですが、
される方もされる方ですよねぇ。

臨総やるならやるで面白そうですけど。
DATE: CATEGORY:キニナル
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン<4296>

2007/11/19
「平成20年3月期中間決算短信」

年が明けたら流石に何か出すだろう、
そう期待していたのですが、一向に動きがないので。
待っているのも面倒なので、取り上げます。

UBSのワラント払込のIRも結局出てませんけど、
某所で昨年の半報提出時から話題になっております、
「中間決算短信と半期報告書の差異」の件ということで。


平成20年3月期中間決算短信 P20

連結BS注記 ※2 

平成19年9月30日現在

当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額
 9,100,000千円
借入実行残高
 6,828,239千円
差引額
 2,271,760千円


比較


半期報告書 38/80

連結BS注記 ※2

平成19年9月30日現在

当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額
 5,500,000千円
借入実行残高
 3,894,906千円
差引額
 1,605,093千円


ちなみに※3の財務制限条項の記載も、
両者で微妙に異なっていたりします。
最初は半期報告書のほうでは集約しているのかな?
と思って見ていたのですけれども、
中間決算短信における500万円分の記載が、
半期報告書では違う取扱いをされているようで。

他にもあるかもしれませんが、
面倒なのでとりあえずは目立つこの2箇所だけ。
とはいえ、内部統制の実施基準においては、
「財務制限条項に関わる記載事項」
については「質的な重要性」がある事項ですから、
テキトーな開示をして許される箇所ではないのですけれど??

いい加減大証も動きましょうよ、
相当外部からの指摘あるんでしょうから。
中間決算短信のミスなのか、
半期報告書のミスなのか、
(どっちもミスなのか)
白黒つけさせないと。

続きを読む »

DATE: CATEGORY:トレンド
長野銀行<8521>

2008/1/9
「債権の取立不能又は取立遅延のおそれに関するお知らせ」

株式会社信濃技研が厳しいことに、
銀行取引停止処分です。

資本金3200万円の会社に、
5億6800万円を貸し出して、
保全されてないのが3億5500万円ですよと。

引当処理は必要ですが、
不良債権処理見込額の範囲内につき、
業績予想の修正はなしとのこと。

不良債権処理見込に織り込まれているなら、
貸倒引当金は設定されているような気はしますが?
不良債権処理見込については、
個別ではなく一括で設定しているんですかね?

それはともかく、
2007/12/26のIRでも、
アルピコグループ向け債権の話がありましたが、
ここも保全されてない部分がありましたよね。
49億3400万円という話でしたが、
その後のフォロー関係は未発表であります。

自己査定業務はどうなってるんでしょうか?



copyright © Grande's Journal all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。